i2i無料WEBパーツ

卒煙魂のSmoke-Free Journey

ゆったりと卒煙に取り組むアメリカ帰り「卒煙魂(Sotsuen-Damacy)」の徒然日記~アメリカ生活(~2010年5月)、東京生活、グルメ、禁煙などを中心に~

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカのタバコ事情(1) ~喫煙環境編(前)~

本来は、休暇明けに書かせて頂こうかと考えていた日記ですが、トラブルにより休暇が延期となっていますので(→前回日記)、この機会にUPさせて頂きました。
-------------------------------------------------------------------------------
禁煙 115 も半年が視野に入る段階に入ってきましたが、初心を思い出す意味でも、個人的には今回禁煙するに至った背景にも関わる米国の喫煙事情 309 を徒然なるままに書いてみようかと思いました。

まずは、喫煙環境編として、アメリカのタバコ事情と「分煙」について2回に分けて、また、最後に禁煙環境編として、アメリカならではのものも含む禁煙グッズについて書いてみたいと思います。

今日はまず「喫煙」にまつわる話の前半ですが、、

【アメリカの喫煙環境】
ごく限定された場面では日本の方が厳しいと思える時もありますが、喫煙者にとっては、やはり米国の方が環境的には厳しい国だと思います。

何が厳しいかというと、、ズバリ、①高価格、②屋内完全禁煙、③自販機無し、

の3重苦になりますが、喫煙による将来的な健康リスクということまで想定すると、④高額な医療費という点も加えてもいいかもしれません。

内容はそのままなのですが、順にお話しますと、、

①とにかく高い!~値段は2倍~

米国では価格は一律定額ではなく、州や地域によって税率・価格も違うのですが、私の住んでいる土地では、日本の約2倍です 393 。マルボロライトで、5.5~6 ドルですから、約600円になります。周辺には、もう少し高い700~800円レベルの地域もあります。
もちろん、欧州など他国では、1000円に近かったりというもっと高い地域もあります し、日本でも「タバコ1,000円」が議論されているようですが、現実に目の前の価格が2倍ですと、、家計へのインパクトは小さくないです。

※各州でのタバコ税についてご興味があれば、こちらの日記もご参照ください。


②『屋内完全禁煙』であること。

この部分はより正確な記述が必要かと思いますが、、アメリカでは国全体として連邦レベルで統一されている喫煙規制はありませんので、全て州毎の規制次第とはなります。ただ、半数程度の州では、レストラン・バー等での喫煙が禁止されており、オフィス等ビル内での喫煙が禁止されている州もかなり多いです。
知る限りでは、州レベルで喫煙に関する規制が全く無いのは10州程度だったと思います。

ということで、少なくとも私の生活圏においては、基本的に公共・民間を問わず、建物の中に喫煙スペースというものは全くありません(自宅での喫煙・ホテルの喫煙室だけがほぼ唯一の例外)。
逆に、私の知る限りでは、歩きタバコやポイ捨てが法律・条令で禁止されている所は殆ど無いと思いますので、(マナーの問題は別にしても)外での喫煙に制約は少ないのですが、とにかく全て外です。バー等のお酒を飲むお店であっても建物内はほぼ全て禁煙です。

これで一番辛いのは、やはり空港 233 でしょうか。
当然ゲート内にも喫煙所は無いので、乗り継ぎや出発遅れ時等々、必要以上にイライラしながら時間を過ごさなけ ればなりません。日本や欧州では、ゲート内であっても未だに「喫煙スペース」が設置されている所が多いのとは大違いです。搭乗便の出発が遅れる時など、涙が出そ うになります。

西海岸であっても、日本への移動となると、空港・機内も含めて計9~10時間+空港2~3時間でしょうか、東海岸であれば、さらに4時間程加わって、計17~18時間程はタバコが吸えない状況です。経験されている方もおられると思いますが、ほぼ丸1日の強制禁煙状態となり辛いですね。自業自得ですが。。

その他、映画館、コンサートホール、美術館・博物館等、一定時間は屋内に拘束されるのに、簡単に外の喫煙所に出にくい施設というのはかなり不便を感じます。

また、私の住んでいる土地は、冬場にはマイナス10℃以下になることもそこそこにあるのですが、大雪であろうが吹雪であろうが、外でタバコを吸わなければ いけません。
雪国の方は同様かと思いますが、こんな外気の中で数分かけて血管収縮作用のあるタバコを吸うというのは結構苦痛ですし、何故屋内に喫煙所が無 いのか(逆ギレ?)、自分が何と愚かな習慣を持っているのかを痛感する瞬間です(でも今まで止めれませんでした)。これも自業自得なんですが。。


③自動販売機が無い!
日本でもタスポ導入でかなり利便性が減ったと聞いたことがありますが、米国にはそもそもタバコの自販機が存在しません。と言いますか、米国では飲料の自販機ですら、特定の場所(主に建物の中か建物の入り口前)にしかありません。
 ですので、タバコは主にスーパーやドラッグストア(日本のコンビニに近い)で対面販売となりますが、大抵は身分証明書の提示を求められるので、実に面倒です。


④高額の医療費
これは、どちらかというと潜在的なリスクという意味合いですので、ここでは深く掘り下げず、別の機会にアメリカの医療制度という切り口で取り上げたいと思っておりますが、日本などに比べ、一般的に医療費の個人負担分が大きくなりがちなアメリカでは、健康リスクを負うということは、それは経済的な意味でも多大な潜在リスクを負うことを意味します。。
ちなみに、アメリカにおける個人破産理由の中で、「病気による医療費負担」というのは結構高い率を占めているらしいです。


‥‥といった境遇に居ますので、特に、①②はそうですが、ひとたび禁煙し元喫煙者となれば、この環境というのは敵から味方に大変身します。
⇒タバコ価格が高い分、禁煙貯金の金額が倍増しますので、モチベーションUPの材料としては強力ですし(そもそもこれをメリットとは呼べないですが)、また、屋内では副流煙に晒されるということは基本的に無く、また巷に自販機は無いので、タバコを目にする機会は日本よりは少ないと思います(アメリカではタバコのTVCM 55 が禁止されているので尚更です)。

‥‥このように改めて整理してみますと、自分でも「何故今まで禁煙を始めなかったのだろう?」と不思議にさえ思えてきます‥‥。以前、飛行機対応でパッチを買ったことがありましたが、今考えればそれを利用して禁煙始めるのが本筋だったような。。でも、その時はパッチを貼りながらも、いざ空港を出たらプカプカと吸って、禁煙なんて全く考えてなかったんです。。

やはり自ら禁煙する気にならなければ始まらないですし、タイミングは重要なんでしょうね。私の場合は、この米国の環境での喫煙生活も4年を過ぎ、ようやく禁煙への決意が固まった次第です。。


独り言的な日記になりましたが、今となっては、これら面倒なストレスから開放されていると考えますと、、さらにやる気が出てきましたし、自らの禁煙動機を改めて再確認する機会になりました。


『アメリカのタバコ事情(2) ~喫煙環境偏(後)~』

『アメリカのタバコ事情(3) ~禁煙環境編~』


↓↓よろしければ、ポチッと応援お願します(別窓で開きます)
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ
にほんブログ村

↓↓ワガママが許されるのであれば、こちらもポチっとして頂けると小躍りします。
人気ブログランキングへ
↑禁煙、地域情報(北アメリカ)



スポンサーサイト

Comment

|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||

びっくりよ~~~、延期してたなんてv-405

ショックだったでしょうが、涼しい頃に美味しいものも増えてると
思えばいいのよv-363

中華にドーナツ食べてるし。。。(笑)
ドーナツ食べたくなったじゃない!
  • posted by kaz
  • URL
  • 2009.08/25 08:44分
  • [Edit]

kazさん、そうなんですよ~^^

まだアメリカで食べてます~(笑)

確かにもう少し時間が経てば、やや過ごしやすくなりそうなのは良いですね。
それを狙った訳じゃないですけど、美味しいものも食べれそうですしね (^-^ )

えっ、ドーナツは遠慮せずにいっちゃってくださいよ!
日本にはミスドっていういいお店があるじゃないですか~。
また、写真UP楽しみにしてますね~(笑)
  • posted by 卒煙魂
  • URL
  • 2009.08/25 10:51分
  • [Edit]

\(゜゜) ポチッと

卒煙魂さん、こんばんは。(おはようございます。)^^

アメリカでの煙草事情の記事読ませて頂きました。
正直ふ~ん、そうなんだぁ、ってな感じです。
まるで他人事。
でもこれが禁煙日数447日の成果なんですよ。(^_^)v

厳密に言えば、吸い魔はゼロではありません。
でも、もう吸い魔は弱弱しく、赤子の手を捻る様な感じで撃退出来ます。

前回の記事で、卒煙魂さんがチト吸い魔にやられていたので、この偉そうなコメントで迷いが無くなれば、と、思っています。苦労して吸わなかった日々は自分を裏切りませんよ。(^_-)-☆
  • posted by 高杉龍馬
  • URL
  • 2009.08/25 21:16分
  • [Edit]

龍馬さん、こんにちは~^^

何となく分かる気はします。
森で何度か申し上げていた、私の過去の1年半の禁煙‥‥あまりに古い話で記憶も怪しいですが、やはり1年を越える頃にはかなり楽になっていた記憶はおぼろげながらあります。

あの時は、「この日までは禁煙する」という明確な目標がありましたので、その時点までは禁煙できました。その目標が消えた後も流れで禁煙を続けることができるかなぁと期待していましたが、それは難しかったですね、ストレスも増えた時期でしたし、(明確な禁煙の動機を持つには)まだ若かったですし。

私にとっての強敵は何よりストレス(特に仕事)なので、それさえかわせれば続けられると思います。
さすがにこの半年近くで、そのかわし方にはある程度の自信は持てていますので、仮に危ない場面はあっても、実際にタバコに手をつけるリスクは結構低いかなぁと思っています。

ではでは (^-^ )
  • posted by 卒煙魂
  • URL
  • 2009.08/25 21:43分
  • [Edit]

初コメです♪

まいどっ!

卒煙さんのブログ初訪問です♪

禁森ではお世話になっています^^;
最近は全然ログインしてませんが・・・
禁煙道は続けてますよ~^^
もう少しで半年ですねっ!

アメリカの喫煙事情・・・
アメリカに行くこと無いと思いますが(笑)
禁煙しておいて良かったと思います♪

また、お邪魔しますね~^^
  • posted by tuitui
  • URL
  • 2009.08/26 09:42分
  • [Edit]

訪問ありがとうございました

早速お邪魔します。
禁煙、がんばっていらっしゃるんですね。
確かにアメリカは驚くほどたばこが高くてびっくりします。
禁煙応援クリックしました♪

ダイエットのため、1ブロックごとに存在するダンキンドーナツにはなるべく近寄らないようにしていますが、写真を見ると、そそられました。じゅるる。
  • posted by Lobster
  • URL
  • 2009.08/26 10:18分
  • [Edit]

tuituiさん、まいどです~ヾヾ(^-^)

訪問ありがとうです~嬉しいっすよ!!

最近森でもお見かけしなかったですけど、禁煙の方は順調そうで何よりでっす。

tuituiさんのブログにも何度かお邪魔したんです。
凄く釣り情報が豊富で楽しそうだな~と思ったんですけど、私はあまり釣りに詳しくないので、ついついコメできず、読み逃げしてました。すいませ~ん。。

お互いに着実に半年を越えられるように禁煙続けましょうね!!
また、遊びに来てくださいね!私もお邪魔しますからー (^-^ )
  • posted by 卒煙魂
  • URL
  • 2009.08/26 22:03分
  • [Edit]

Lobsterさん、訪問ありがとうございます^^

早速のご訪問ありがとうございます <(_ _)>

そうなんです。最初にアメリカに来た時はこの価格にびっくりしました。
(そこで辞められれば良かったんですけど 笑)。

私は、特に禁煙後に体重が4kg程増えてしまいまして‥‥暫くはダイエット頑張ろうなんてトライしていた時期もあったのですが、、自然消滅(?)してしまい、今では通常の「アメリカ的食事」に戻っています。。

でも、写真にすると美味しそうでしょ?(笑)
アメリカはダンキンのお店が多すぎて、誘惑が多くて困りますよね。。。

また遊びに来てくださいね、私もちょくちょくお邪魔します~ (^-^ )
  • posted by 卒煙魂
  • URL
  • 2009.08/26 22:07分
  • [Edit]

興味深く拝見させていてだいてます

ずっと拝見してます。おもしろい。そもそもなぜアメリカにすんでいるんですか?相方というのはご結婚されているんでしょうか?どこかに書いているかもしれないけど、まだ全部読んでないので、、私もアメリカに興味があっていつか住んでみたいなって思ってます、実現している卒煙さんがうらやましい、私は愛煙家なのですが、去年アメリカとカナダに旅行にいったとき特にカナダでは、バンクーバー。空港内に全く喫煙所がなく、隠れて吸いました、ほんと涙でそうになりました、私的にはもっと喫煙者に優しい環境にしてほしい、でもやめられたら本当はいいのだけど、何か無理してやめなければならないのかなって気もしますが、それがひとつの目標になってるんでしょうね、個人的にお友達になりたいです
  • posted by 子羊
  • URL
  • 2009.10/09 23:47分
  • [Edit]

子羊さん、こんにちは^^

訪問&コメありがとうございました~。

暖かい応援ありがとうございます。何気ない日常や、禁煙含めて思ったこと等も好きなように綴らせて頂いておりますが、「おもしろい」と言って頂けるのは凄く嬉しいですし、励みになります。

アメリカには仕事の関係で在住しておりますが、仰る様に、海外と日本を移動しますと、その間かなり喫煙の制約が出てきますよね‥‥。アメリカではとにかく屋内で吸えないということでは非常に不便な思いをしました。
そのような環境にいながら、禁煙を決意するまでには相当に時間がかかった訳ですけれども、今は何とか続けることができています。
また応援よろしくお願いいたしますね~!!
  • posted by 卒煙魂
  • URL
  • 2009.10/10 07:34分
  • [Edit]

NoTitle

本当今空港とかでも待ち時間がながかったりするし、日本とか喫煙所があっていい方ですよね、アメルカはゲートをくぐる前なら外ですえる、問題はカナダですね、ナイアガラにいったかえり、旅行会社の都合で一度バンクーバーにいってから日本に帰る予定になり、ナイアガラからバンクーバーまで5,6時間くらいだったでしょうか、一度はいると出れないゲートで、外にでれないんですよね、つづけざまにこのあと日本へのフライトが12時間くらいひかえているのに、それもすぐ出発ではなく2時間待ってからということで頭がパニックになりました、ゲートの人がおばさんからおじさんに交代したところで気分が悪いからだしてほしいといって、券をみせてだしてもらって、絶対普通なら出れないんですよ<でも外にでるドアがなく>とちゅうの偶然にも誰もいないガラスばりの休憩室があり、全館禁煙なんだけど吸いました、つづけざまに3本、もう警備がこようが警察こようがしったことでない、もう何も怖くない、くるならこいという感じでした、途中通行人からチロチロみられたけど、だれもこなかった、私はそしらぬ顔をして来たゲートをくぐって、もときた道をかえりました、あの日のことわ忘れられませんね、旅行はそういう事もあるから躊躇しますね、

子羊さん、こんにちは^^

日本や欧州と違って、北米は空港建物内は全て禁煙ですので、乗り継ぎの時は辛いですよね(乗り継ぎの場合はゲートを出れないので)。
数年前に欧州に行った時は、ドイツなどではゲート内もまだ喫煙スペースがありましたし、オランダでもゲート内のバーでは喫煙可能だったと思いますが、時代の流れでいずれ変わっていくのかもしれませんね。

喫煙している際に、長距離の飛行となる旅行はなかなか辛いものがあります。私も、飛行機対応だけの為にニコチンパッチを使っていた時期がありますが、それでもやはり大変は大変ですからね。。
  • posted by 卒煙魂
  • URL
  • 2009.10/11 14:20分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最近の記事+コメント

月別アーカイブ(タブ)

全ての記事を表示する

検索フォーム

ClusterMaps

ご訪問ありがとうございます!<(_ _*)>

人気ページランキング


↓FC2集計によるアクセスランキングです

アクセスカウンター(UU数)

いつもご訪問ありがとうございます!

右サイドメニュー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリーツリー

ランキング参加中です

↑更新の励みになっております。ポチッと応援お願いいたします(同ジャンルの他の方のブログもご覧頂けます)。

人気ブログランキング

皆様の応援が更新魂に火を灯します

人気ブログランキングへ

※このサイトでは、文字数制限の関係で、日本語タイトルにしております

お気に入り動画

イチオシ! マリエ・ディグビー ※マリエ・ディグビーについては、こちらの日記をご参照ください。
やはりイイ!ダイアナ・クラール ※ダイアナ・クラールについては、こちらの日記をご参照ください。
↓ その他のお気に入り動画

おきてがみ

ポチッと足跡を残して頂きますと、後ほど訪問させていただきます^^

おきてがみ

※FC2以外のブロガーの方々向け

他のランキングバナー

↓よろしければ、こちらもポチッとしてもらえると、嬉しいです(「Ctrl」を押しながらだと楽に連ポチできるみたいです)

プロフィール

卒煙魂

Author:卒煙魂


40代手前で卒煙を目指すことにした、元アメリカ在住・男性です。

映画、音楽やアメリカのTVドラマ、そしてギター好き。
卒煙、アメリカ生活、趣味などについて、思うままに綴っていきたいと思います(2010年5月の帰国後は週1~2回の更新を目安にしています)。コメント・TBなど大歓迎です!

本ブログ掲載の写真の殆どは、クリックにて拡大してご覧頂けます。

※禁煙・卒煙/ダイエット関係の日記の一部は、SNS「禁煙の森」or「KIROKUBO」に掲載した日記を、ブログ用として掲載させて頂いている場合もあります。
※※本ブログのコンテンツ(本文・画像等)の著作権は筆者もしくはその著作者に属します。無断転用・転載はご遠慮願います。
また、不適切と判断したコメントは、予告なく削除させて頂く場合があること、TBは日記トピックに関連あるものに限る点につきご了承願います。

FC2バナー他

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。