i2i無料WEBパーツ

卒煙魂のSmoke-Free Journey

ゆったりと卒煙に取り組むアメリカ帰り「卒煙魂(Sotsuen-Damacy)」の徒然日記~アメリカ生活(~2010年5月)、東京生活、グルメ、禁煙などを中心に~

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ旅行記⑦(4日目・前半) ハイデルベルク城とコットン・ジャケット

‥‥(前回旅行記の続き)‥‥

昨晩再会した友人GUY、そしてYさんと共に、今日は早朝から移動です。

GUYの車に便乗させてもらい、ローテンブルクを後にし、最終的にはGUYが住むヴィースバーデンそばの地域まで移動します。尚、ヴィースバーデンは、フランクフルト近郊の都市です。

ドイツの公衆トイレは有料のものも少なくない!
ローテンブルクを出発し、アウトバーンを西へ。初のアウトバーンに何だかワクワクでした。
さすがにスピードもそこそこ早いですが、、まあある程度常識の範囲内ということで、結果はアメリカの高速とそんなに変わらないのかなぁという感じでした。

っと、途中サービスエリアでトイレ休憩を取りましたが、こういう所の公衆トイレは有料になっていることにまず驚きました。まさに入り口があの遊園地の入口改札のようになっており、そこにお金を入れないと入れません(日本円で数十円レベルの金額だったと思います)。

少なくともアメリカではこんなことはまずありませんが、個人的には賛成です。というのも、アメリカの公衆トイレは全体的にあまりキレイではなく(正直、相当汚いことが多い)、ドイツのもののキレイさに驚いたことが大きいです。これ程キレイなのであれば、数十円程度は払う価値は十分あると感じました。

【ハイデルベルク到着!!】
‥‥と、私も地図を広げて多少はナビ的な手伝いをしながら、昼頃には、立ち寄り地点である、ハイデルベルク(→Wikipedia(日))に到着しました。
CIMG0430.jpg

少し雨が降り始めて濡れたということもありますが、気温も低く寒い!!12

これから少し小高い所にあるハイデルベルク城に行こうかとしているところですが‥‥旅行記①の冒頭で触れた通り、今回の旅行はコートを忘れてきたのですが、、ここにきてそれが響いてきました。。ちょっと耐え難いレベル‥‥。。

っということで、ハイデルベルクの街を散策している時に、「C&A」(欧州版のGAP的なお店です)というお店に入って、コットンのジップジャケットを慌てて買いましたもちろん、もうその場でタグも全部外して着ました。
この時買ったこのジップジャケットが凄く気に入ってしまい、その後も、秋~冬場の旅行等では重宝しており、未だに使っております。結構お手頃値段だったんですけど、質が d( ̄◇ ̄)b グッ♪ なので。

〔ハイデルベルク城へ〕
これで寒さ対策は何とかOKということで、、皆でハイデルベルク城(→Wiki(日))を目指します。

ハイデルベルク城は小高い山の斜面に聳え立っており、ケーブルカーでも行けるようですが、我々4人は徒歩で登って行きました。約20分程だったでしょうか、、当時まだ喫煙者だった私には若干しんどいレベルでしたが351、お陰で寒さに凍えていた体は温まりました。

お城自体の説明は、上記Wikipediaに詳しいですので、ご興味のある方はそちらをご参照願います。このお城は、17世紀の2度の戦争で破壊されたり、落雷による火災などで部分的に燃えたりといったことがあったようですが、この廃墟となった風情がまた当時のロマン主義の芸術家たちを魅了したといいます。

廃墟となった風情という意味では、現在でも残っている部分は多く、ここでは、写真に合わせて、お城の風景を簡単にご紹介させて頂きたいと思います。

(左)麓から見た城壁(左にはフリードリヒ館が見える) (右)フリードリヒ館の近影
CIMG0431.jpg CIMG0438.jpg

オットハインリヒ館                   時計があるのが城門塔
CIMG0443.jpg CIMG0442.jpg

(左)有名な大樽 (右)城館庭園側から撮影-右は鐘楼、左は薬局塔、間にオットハインリヒ館
CIMG0441.jpg CIMG0458.jpg

(左)火薬塔‥17世紀から使用されていたらしい  (右)鐘楼
CIMG0447.jpg CIMG0437.jpg

ハイデルベルク城から眺めた市街地-左は有名な聖霊協会
CIMG0440.jpg CIMG0433.jpg

一通り観光し、場内の庭園でくつろいだ後は、市街地に戻り、カフェで一休憩しました。
ハイデルベルクの市街地も、歴史を感じさせる古い建物も多いながら、全体的に非常にきれいなクリーンな街という印象で、非常に好感が持てました。

将来機会があれば、再度訪れたい街の一つです。

【ヴィースバーデンへ】
軽くお腹も満たしたところで再度移動です。さらに北上して、ヴィースバーデンという町を目指します。ここは、友人GUYの居住地そばであり、彼の庭のような土地です。
この近辺は、ラインガウと呼ばれる、ワインの一大産地でもありますので、ヴィンヤード(ワイン畑)が多く見られます(下写真は、車中より撮影)。

CIMG0466.jpg

→つづく(次回旅行記) 

『ドイツ旅行2007(序章・全旅程)』はコチラ

↓↓よろしければ、ポチッと応援お願します(別窓で開きます)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[2009/6/30   掲載]
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最近の記事+コメント

月別アーカイブ(タブ)

全ての記事を表示する

検索フォーム

ClusterMaps

ご訪問ありがとうございます!<(_ _*)>

人気ページランキング


↓FC2集計によるアクセスランキングです

アクセスカウンター(UU数)

いつもご訪問ありがとうございます!

右サイドメニュー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリーツリー

ランキング参加中です

↑更新の励みになっております。ポチッと応援お願いいたします(同ジャンルの他の方のブログもご覧頂けます)。

人気ブログランキング

皆様の応援が更新魂に火を灯します

人気ブログランキングへ

※このサイトでは、文字数制限の関係で、日本語タイトルにしております

お気に入り動画

イチオシ! マリエ・ディグビー ※マリエ・ディグビーについては、こちらの日記をご参照ください。
やはりイイ!ダイアナ・クラール ※ダイアナ・クラールについては、こちらの日記をご参照ください。
↓ その他のお気に入り動画

おきてがみ

ポチッと足跡を残して頂きますと、後ほど訪問させていただきます^^

おきてがみ

※FC2以外のブロガーの方々向け

他のランキングバナー

↓よろしければ、こちらもポチッとしてもらえると、嬉しいです(「Ctrl」を押しながらだと楽に連ポチできるみたいです)

プロフィール

卒煙魂

Author:卒煙魂


40代手前で卒煙を目指すことにした、元アメリカ在住・男性です。

映画、音楽やアメリカのTVドラマ、そしてギター好き。
卒煙、アメリカ生活、趣味などについて、思うままに綴っていきたいと思います(2010年5月の帰国後は週1~2回の更新を目安にしています)。コメント・TBなど大歓迎です!

本ブログ掲載の写真の殆どは、クリックにて拡大してご覧頂けます。

※禁煙・卒煙/ダイエット関係の日記の一部は、SNS「禁煙の森」or「KIROKUBO」に掲載した日記を、ブログ用として掲載させて頂いている場合もあります。
※※本ブログのコンテンツ(本文・画像等)の著作権は筆者もしくはその著作者に属します。無断転用・転載はご遠慮願います。
また、不適切と判断したコメントは、予告なく削除させて頂く場合があること、TBは日記トピックに関連あるものに限る点につきご了承願います。

FC2バナー他

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。