i2i無料WEBパーツ

卒煙魂のSmoke-Free Journey

ゆったりと卒煙に取り組むアメリカ帰り「卒煙魂(Sotsuen-Damacy)」の徒然日記~アメリカ生活(~2010年5月)、東京生活、グルメ、禁煙などを中心に~

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年は西海岸にて(8)~ギラデリ・スクウェア~アメリカのチョコレート②~

[北アメリカ旅行] ブログ村キーワード

アメリカのチョコレートと言えば、まずはハーシーチョコが有名かと思いますが、1年半程前にハーシーの本拠地であるペンシルバニア州ハーシータウンを訪れ、その長い歴史にある種の感動を覚えたことは日記に書かせて頂きました。
『ハーシー・チョコレート王国~アメリカのチョコレート①』
CIMG1388.jpg
↑ こちら、ハーシーパークのチョコレートワールド!

ただ、その際にも触れましたが、ハーシーのチョコレートは、やはりカカオ比率が低く糖分が多いものですので、日本のチョコレートに慣れた日本人にとっては、「ちょっと違うなぁ」と感じることは否めません。

アメリカに住み始めた頃は、「アメリカ!」っというものを感じさせるこのチョコレートも結構食べていましたし、ブランド戦略には長けている会社ですので、やはり「ハーシーチョコ」というブランドに独特の思いを感じてしまうのも確かなのですが、このGhirardelli(ギラデリ)の存在を知ってからは、うちでも徐々にこちらを食べるようになってしまいましたね。。

やはり、カカオ比率も高くて、舌触りもしっとり滑らかな欧州系のチョコですので、日本のチョコレートにも近くて馴染みやすいですし。。最近、salieさんも日記に書かれていましたが、やはり、ハーシーに比べてもチョコらしいチョコという感じで、一度食べたらこちらに傾いてしまう方も多いのではと思います。
CIMG2926.jpg
↑ こちら東海岸でも普通にスーパーで売られています。

‥‥っという中で、サンフランシスコを訪れる機会があれば、是非ギラデリ・スクウェアは訪れてみたい!っと常々思っていましたし、今回それが実現しましたので、1年半越しで「アメリカのチョコレート」記事第2弾をお送りすることができるようになりました(さすがに第3弾は無いと思いますが 笑)。

【ギラデリ・スクウェア(Ghiradelli Square)】
既に旅行記の方では何度も登場しておりますが、今回はフィッシャーマンズワーフエリアのホテルに泊まったことで、ここは徒歩圏となりましたので、ほぼ毎日に近い位に訪れていました。
ということで、ギラデリ・スクウェア特集(?)としてお送りしたいと思います。
CIMG8075.jpg
↑ こちら、セグウェイツアーの最中にMunicipal Pierより撮影。
CIMG7967.jpg
↑ 何と言っても、この「Ghirardelli」のサインは有名ですね~。
 ちなみに、右側にあるレストランが、3日目に美味しいシーフードを食べたMcCormick&Kuleto'sで、左上に見えるのは、その翌日にバーガーを食べたLori's Diner
CIMG9426.jpg
↑ 夜には、このサインが輝いて綺麗です!
CIMG7970.jpg
CIMG8625.jpg
↑ クロワッサンが美味しかったこのカフェに、全体の見取り図が貼ってありました。

CIMG7977.jpg
CIMG7978.jpg
CIMG7980.jpg
↑ まだ1月初旬頃ではクリスマスツリーが残っているのはアメリカでは常識。。
CIMG8903.jpg
↑ このツリー前の建物がホテルになってるっぽい。。
CIMG8898.jpg
↑ ここにカフェとショップが‥‥。。
CIMG8900.jpg
↑ 何故かこういうものが売ってあったりするんですが。。。
CIMG7976.jpg
CIMG8622.jpg
↑ こちら、カップケーキのお店。

 CIMG7992.jpg
↑ アボカド入りのバーガーを食べたLorie's Dinerは昼間はこんな感じ。


ハーシーパークでは‥‥
冒頭に触れたハーシーパークは、一つの大規模なテーマパークになっていまして、遊園地あり、博物館もあり、そして、チョコレートワールド内では、館内をライドに乗ってチョコレートの製造工程を見ることができたりと‥‥かなりスケールの大きなものでした。。
CIMG1398.jpg
CIMG1402.jpg
CIMG1394.jpg
↑ 1年半前、ハーシーパークのチョコレートワールドで撮影したもの。

ここでも、工場跡地を利用した「製造工程のディスプレイ」的なものを期待していたものの、それも無さそうだなぁと思っていましたが‥‥
CIMG7975.jpg
CIMG9439.jpg
↑ クロック・タワー内にあるこのアイスクリーム屋の中にありました!!
このギラデリスクウェアはほぼ毎日訪れていましたが、サンフランシスコを離れる前夜にようやく店内に入ったところで。。
CIMG9451-2.jpg  
↑ 賑わう店内の奥に行くと‥‥

CIMG9450.jpg
各製造工程の簡単な説明とともに、ディスプレイされていました(現在の工場自体は別の場所にあるようです)。。
これは見たかったんです!!^^
CIMG9452.jpgCIMG9456.jpg
↑ まずはカカオをMill(臼)ですり潰して、チョコレート液(Chocolate liquor)と呼ばれる状態に
CIMG9441.jpg
CIMG9457.jpg
↑ 花崗岩でできたローラーによって、チョコレート液に各種添加物(バニラ・砂糖・バター等)が混合される工程。
CIMG9445.jpg
↑ conchingと呼ばれる「かき混ぜる(攪拌する)」最終工程。カカオバターを均質化させたり空気を含ませたりすることで、チョコレートの風味や質感を高めるようですね。

後で良く見たら、見取り図の中には「Chocolate Factory」と書かれていましたが‥‥このアイスクリーム屋の店の前を見ても何も書いてないですし、私のように、「チョコレート会社の本拠地らしいアトラクション」を求めている人を想定すると、やや案内が不親切な感じもしなくはないですね。。


このギラデリ・スクウェアですが、、
規模自体は思ったほど大きくなかったのですが、まあこれはペンシルバニア州の郊外に広大な敷地を持つハーシーパークに対して、ここはサンフランシスコの市街地ですので、単純比較すること自体がフェアではないでしょうね。。そもそものコンセプトも違いそうですし。
ただ、全体のプロモーションというか、「チョコレートの本拠地」的なイメージの作り上げ方や広報宣伝については、ハーシーの方が長けているかなぁという感じはします。

いずれにしても、このスクウェア内の建物は綺麗な煉瓦造りで統一されていて、クリーンで洗練された場所という印象でしたし、質の高いレストランも入っていたりと、、今回のサンフランシスコ旅行ではかなり堪能させてもらいました~!

次回サンフランシスコに来る機会があれば、また訪れたい所です(^-^ )



サンフランシスコ・ラスベガス旅行記:『新年は西海岸にて~』 シリーズ日記
(1)JetBlueでサンフランシスコ入り、そしてシーフード三昧
(2)セグウェイで周るサンフランシスコ、そして西のバーガーを
(3)Pier39の消えたアシカとアルカトラズ島
(4)ケーブルカー博物館へ(GoCarも試してみたり)
(5)ユニオンスクウェアは軽く通過、そしてFラインにも乗ってみる
(6)「スマート」にて走るサンフランシスコ近郊(行き)
(7)「スマート」にて走るサンフランシスコ近郊(帰り)・スヌーピーと連続バーガー
(8)ギラデリ・スクウェア~アメリカのチョコレート②~(本稿)
(9)1年ぶりのラスベガス・MGM Grandにてお寿司
(10)いよいよグランドキャニオンへ
(11)ラスベガスのカジノ散策
(12)CSIエクスペリエンスと「KA」を堪能
(13)映画・ドラマの中のサンフランシスコ・「MONK」を中心に
(14)旅の締めくくりは‥‥サーモン・ピザ?(シリーズ完結)

【場所】

より大きな地図で SF Fisherman's Wharf を表示


↓↓よろしければ、1日1回ポチッと応援頂けると嬉しいです(別窓で開きます)。
  皆様の応援が更新の励みになっております。
 ※「Ctrl」を押しながらですと、画面が新規タブ・窓に飛ばずにポチして頂けます。

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


Blog人気記事大集合♪
スポンサーサイト

Comment

楽しさでは、ハーシーの勝ちですね

”ハーシーのチョコレート王国”は、楽しそうですね。v-291
実は私も、一昨年”Ghirardelli” に行った時、これだけ??とは思ったんですよ。
イギリスで、”キャドバリー”のチョコレート工場に行った時には、いろんな種類のチョコレートの試食はあるし、まるでテーマパーク、子供も大人も楽しめるように、いろんなコーナーがあって、そういうのをちょっと期待してました。
(多分、ハーシーの方は、そんな感じなんでしょうね??)
少なくとも、北海道の”白い恋人”のチョコ工場位の見所はあるんじゃないだろうか??と、、、、、、
でも、ギラデリのチョコを気前良く試食させまくったら、大混乱になるでしょうね。
それに、入場料も必要になるかも??(笑)
ギラデリスクエアは、あくまで、お買い物する所、カフェで美味しいクロワッサン&ホッとチョコレートをいただく所って感じですね。

それにしても、卒煙魂さん、ほんとに細かく調べておられて、いろいろ教えていただいて、ありがとうございます。

  • posted by salie
  • URL
  • 2010.01/18 06:01分
  • [Edit]

NoTitle

この前、日本のハーシーのハンバーガショップに行きました。
そこでポテトフライにチョコソースってのがあって・・・。
まあ、チョコレート屋さんだからしょうがないか?と思って口にしたんですが、ダメでした(笑)
アメリカではこういう組み合わせってよくあるんですか?
サンドウィッチのサブウェイも、ハニーオニオンソースとか言って、激甘でビックリしたことがあります。
  • posted by ももくそ
  • URL
  • 2010.01/18 17:43分
  • [Edit]

Ghirardelli~~~~

来ましたねぇCHOCOLATE MANUFACTORYのmaking process。チョコレート液から始まるんだぁ。このconchingしているのを、すくって お口に入れたらwwwwとろけそぉ~~~~
Ghirardelliって、日本でも売ってるのかしらん^^(ソツオさん、送っといてねw)
しっかし、この工場って、思いっきり海岸沿いですが、塩加減はいいのかな(爆)

ちなみにHOLIDAI INN EXPRESSにチェックがあるのは、そこに滞在されていたんですか???
(いやぁ、写真付き地図ってほんと楽しい って まだそこを引っ張るかw)

今日のブログにソツオさんの心意気を見ましたね(チョコ大好きでしょ?)
第3弾に早くも期待がかかりますw

NoTitle

クリスマスツリーかなり長く飾ってありますよねー!
うちの近所でも10日前に散歩行った時とかまだツリーとか電飾結構飾ってる人居ました。日本では26日にはもうなくなってる感じなので、その感覚だったらびっくりですよね。イギリスでも6日には片付けるそうです。

寿司とかのおもちゃ謎ですね(笑)かわいいけど(笑)

カップケーキかわいい(´∇`) こういうのって見てるだけで楽しい~
  • posted by まあの
  • URL
  • 2010.01/19 14:27分
  • [Edit]

salieさん、こんにちは!!

それ、分かります。
私も、正直言うとギラデリ・スクウェアを初めて訪ねた日は、「これだけ?」っていう第一印象はあったんです。
やっぱり、ハーシーの場合は、町の名前から「ハーシータウン」になっている通り、非常に広大な敷地を使っていますし、まさにテーマパークそのものですからね。。
そもそもコンセプトが違いそうなのですが、やはり比べてしまうと‥‥テーマパークとしての面白さはハーシーに軍配が上がってしまいそうです。
でも、確かにギラデリの方は入場無料ですし(笑)、お洒落なショップとレストランが入った場所というところはありますので、これはこれで楽しいですし、やはり同列に比較するべきものではないような気がしています。 (^-^ )
  • posted by 卒煙魂
  • URL
  • 2010.01/20 07:10分
  • [Edit]

ももくそさん、こんにちは!

さすがに、、ポテトフライにチョコソースは‥‥私もダメかもです(笑)。
この国では、チョコレートフォンデュでも色々なものを食べますしね‥‥でも、さすがにポテトフライというのは、ハーシーのお店だからなのでしょうし、アメリカですら一般的だとは思わないです。
ただ、言われているように、何かと「甘くし過ぎる」傾向はありますね、、アメリカの食品の場合は‥‥。。アイスティーですら、「unsweetened(甘味料抜き)」と指定しないと、頭痛がする位に甘々なものが出てきたりしますから‥‥。。
  • posted by 卒煙魂
  • URL
  • 2010.01/20 07:16分
  • [Edit]

アイさん、こんにちは!

ギラデリは‥‥日本で売ってるんですかね(送る前に自分で全て食べてしまいそうですが 笑)。。ちょっとそれは分からないですけど、日本語で検索かけてもそこそこヒットしますので、それなりに認知度は上がってきている気はします。

相方には負けますけど、チョコは嫌いではないです(笑)。
さすがに、チョコネタでの第3弾は無いかもですが、何が起こるか分かりませんからね~(爆)。
  • posted by 卒煙魂
  • URL
  • 2010.01/20 07:19分
  • [Edit]

まあのさん、こんにちは!!

もう1月も中旬だというのに、まだまだクリスマスツリーはありますよね(笑)。
さすがに2月になると例年かなり無くなってきますけど、この国では12月・1月と2ヶ月間は飾るものという雰囲気も無きにしも非ず。。
この寿司のおもちゃは‥‥意味不明なんですけどね(笑)。結構日本もののグッズも置いてあって、日本人観光客対応?とかも思ったんですが、日本から来た人がわざわざこれをSFに来てまで買うとは思えないし。。やはり謎です(爆)

カップケーキは、相方が最後まで悩んでましたが、結局買わず仕舞いでした。まあ、他のものを十分に食べたりしてましたし。。^^
  • posted by 卒煙魂
  • URL
  • 2010.01/20 07:22分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最近の記事+コメント

月別アーカイブ(タブ)

全ての記事を表示する

検索フォーム

ClusterMaps

ご訪問ありがとうございます!<(_ _*)>

人気ページランキング


↓FC2集計によるアクセスランキングです

アクセスカウンター(UU数)

いつもご訪問ありがとうございます!

右サイドメニュー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリーツリー

ランキング参加中です

↑更新の励みになっております。ポチッと応援お願いいたします(同ジャンルの他の方のブログもご覧頂けます)。

人気ブログランキング

皆様の応援が更新魂に火を灯します

人気ブログランキングへ

※このサイトでは、文字数制限の関係で、日本語タイトルにしております

お気に入り動画

イチオシ! マリエ・ディグビー ※マリエ・ディグビーについては、こちらの日記をご参照ください。
やはりイイ!ダイアナ・クラール ※ダイアナ・クラールについては、こちらの日記をご参照ください。
↓ その他のお気に入り動画

おきてがみ

ポチッと足跡を残して頂きますと、後ほど訪問させていただきます^^

おきてがみ

※FC2以外のブロガーの方々向け

他のランキングバナー

↓よろしければ、こちらもポチッとしてもらえると、嬉しいです(「Ctrl」を押しながらだと楽に連ポチできるみたいです)

プロフィール

卒煙魂

Author:卒煙魂


40代手前で卒煙を目指すことにした、元アメリカ在住・男性です。

映画、音楽やアメリカのTVドラマ、そしてギター好き。
卒煙、アメリカ生活、趣味などについて、思うままに綴っていきたいと思います(2010年5月の帰国後は週1~2回の更新を目安にしています)。コメント・TBなど大歓迎です!

本ブログ掲載の写真の殆どは、クリックにて拡大してご覧頂けます。

※禁煙・卒煙/ダイエット関係の日記の一部は、SNS「禁煙の森」or「KIROKUBO」に掲載した日記を、ブログ用として掲載させて頂いている場合もあります。
※※本ブログのコンテンツ(本文・画像等)の著作権は筆者もしくはその著作者に属します。無断転用・転載はご遠慮願います。
また、不適切と判断したコメントは、予告なく削除させて頂く場合があること、TBは日記トピックに関連あるものに限る点につきご了承願います。

FC2バナー他

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。