i2i無料WEBパーツ

卒煙魂のSmoke-Free Journey

ゆったりと卒煙に取り組むアメリカ帰り「卒煙魂(Sotsuen-Damacy)」の徒然日記~アメリカ生活(~2010年5月)、東京生活、グルメ、禁煙などを中心に~

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年は西海岸にて(3)~Pier39の消えたアシカとアルカトラズ島~

[北アメリカ旅行] ブログ村キーワード

西海岸の旅はまだ2日目、昼過ぎまでセグウェイにて遊んでいましたが(→前回日記)、夕方からはアルカトラズ島のナイトツアーに参加することにしていますので、発着地点のピア33に向かって歩いてみます。

【ピア39】 アシカ(Sea Lion)達が消えた!!!Σ( ̄ロ ̄lll)
ピア39というのは、桟橋を利用したショッピングモールで、フィッシャーマンズワーフではかなりの人気エリアらしく、アルカトラズ島クルーズの発着地点であるピア33へ向かう途中にありますので、少し立ち寄ってみました。
CIMG8167.jpg
CIMG8158.jpg
CIMG8143.jpg
↑ 土曜日ということもあってか、とにかく、凄い人・人・人‥‥。。
CIMG8112.jpg CIMG8530.jpg
↑ ここのクリスマスツリーはなかなかサイズも大きくて迫力があります。
CIMG8115.jpg
CIMG8126.jpg CIMG8941.jpg
↑ あまりに人混みが凄いので、場所を絞って、ハードロックカフェでお土産品を買うことに。自分用にはジョンのTシャツを購入(西に来ても、やはり心はNJ人です 笑)。
SAKIちゃんのブログで事前情報得てました。ありがとうございました~。


消えたアシカたち‥‥

さて、、このピア39という所には、アシカ(Sea Lion)がたくさんいることで有名らしいのですが、今回の旅行の出発前にネットでニュースを見ていたら、このアシカ達が一晩でどこかに消えてしまったとのこと!!
そんなことってあるの? Σ( ̄ロ ̄lll)

午前中のセグウェイツアーの最中にも、インストラクターがその話をしていましたので、実際どうなのか確かめてきました。
 
(関連ニュース記事)
『Pier 39からアシカが消えた!!!!』 (2009/12/29 101280.net)
『Sea lions disappear from Pier 39 in SF』(2009/12/28 KGO TV/DT)
Sea lions
↑ 通常は、こんな感じで大勢いたらしいのですが‥‥ ※この画像はお借りしました。
CIMG8152.jpg
↑ 行ってみたら、確かにもぬけの殻状態‥‥。

でも、鳴き声が聞こえるので、黄色丸部分をズームしてみると。。
CIMG8149.jpg
↑ 僅か数頭だけは残ってました(笑)。

何でも、海流や水温の変化でエサ場が変わったことにより、エサを追いかけてここから居なくなったと言われているようですね。。やはり食料がある場所は何より重要ですので、その気持ちは良く分りますが(爆)。


【アルカトラズ島へ!】
さて、、2日目夕方のメインイベントはこのアルカトラズ島ツアーです!!
1週間~10日前迄には予約が一杯になると言われているツアーですが、確かにクルーズ船も満員状態でした。。
CIMG8173.jpg
アルカトラズ島と言えば、別名「監獄島」とも呼ばれる通り、かつてのアルカトラズ連邦刑務所があった島ですが、この刑務所跡地が国立公園局の管理下で観光名所となっております(→Wikipedia日本語)。
元々、1980年代には軍事施設や、捕虜の収容所として使用されていたものが、最終的に1934~1963年までは連邦刑務所として使われるようになったもので、アル・カポネが収監されていたことは有名ですが、凶悪犯や脱獄の常習犯が中心だったようですね。

映画の舞台などでも良く使われていますし、ケヴィン・ベーコンの『Murder in the First(邦題:告発)』、そして、クラシックですが非常に有名なのは、クリント・イーストウッドの『Escape from Alcatraz(邦題:アルカトラズからの脱出)』でしょうか。

告発 【プレミアム・ベスト・コレクション1800】 [DVD]告発 【プレミアム・ベスト・コレクション1800】 [DVD]
(2009/07/08)
クリスチャン・スレイターケヴィン・ベーコン

商品詳細を見る

アルカトラズからの脱出 [DVD]アルカトラズからの脱出 [DVD]
(2008/06/20)
クリント・イーストウッドフレッド・ウォード

商品詳細を見る

あと、、私の世代ではかなり観ていた、アニメ「ルパン3世」の「アルカトラズ コネクション」なんていうものもありましたね‥‥。

実は、『アルカトラズからの脱出』は観たことが無かったので、出発前にDVDで観ていったのですが、この映画で描かれた脱出劇に関する展示もかなりありましたし、事前に観るとさらに楽しめるのではと思います(実にガイドブック的な書き方ですが 笑)

CIMG8188.jpg
↑ 時間も16時を過ぎていますし、海辺ですのでさすがに冷え込んできましたが、せっかくなので景色のいい場所を。。
CIMG8194.jpg
↑ ここからもコイトタワーが良く見えます^^
CIMG8228.jpg
CIMG8226.jpg
↑ 夕日を眺めながら、暫くすると到着!

CIMG8261.jpg
アルカトラズ島に到着後は、監獄棟まで歩いて登っていきますが、途中途中でガイドさんが説明を入れてくれます。この時は結構寒かったので、そんな説明よりも早く建物内に入りたかったのですが‥‥(笑)。

そして、、いよいよこの悪名高い刑務所に収監される時がやってきました。。
年貢の納め時です‥‥って、法に触れることをした覚えは何もないのですが‥‥(笑)。
CIMG8288.jpg
CIMG8361.jpg
CIMG8339.jpg
↑ 3階建ての構造になっていますが、実物を見ると、部屋は結構狭いですね。。ちなみに、写真では全体的に明るく見えますが、実際、特に日が落ちた後はもっと薄暗い感じです。
CIMG8353.jpg
↑ 絵を描くことが許されていた囚人もいたようです。
CIMG8440.jpg
↑ 食堂への入口。 タイムズスクェアなんて楽しそうな名前が付けられていますが‥‥。。
CIMG8312-2.jpg
↑ ガイドによれば、食堂は最も危険な場所であったとか。。まあそうですね、、凶悪犯が数百人もナイフやフォークを持って一堂に会する場ですから‥‥。


『アルカトラズからの脱出』で描かれた脱獄劇の現場にて‥‥

映画でクリント・イーストウッド演じるフランク・モリスが実行した脱獄劇については、その爪痕を多く垣間見ることができ、非常に興味深かったです。
フランク・モリスは、1960年にアルカトラズ島に移送されて以降、他の3人の囚人とともに約2年間にわたって脱獄の準備を進め‥‥通気口周辺をスプーン等で削って穴を掘り、その場所をカモフラージュするカバーや、ダミー人形を作ったり、同時にイカダを作ったりと‥‥そして、1962年6月に脱獄。。

公式には、この3人はサンフランシスコ湾で溺死ということになっていますが、結局死体が上がっていないことから、脱獄に成功し南米に逃げたのではないかという説もあるようです。
CIMG8419.jpg
CIMG8418.jpg
↑  この脱獄劇を説明したパネル。
CIMG8420.jpg
↑ 実際の監房。
CIMG8426.jpg
Movie AZ2
Movie AZ3
↑ 掘られた通気口の跡(下は、映画でのシーン)。
CIMG8416.jpg
↑ そしてこの通気口から、この通路に出るという仕組みです。
CIMG8430.jpg
↑ こういうダミー人形でカモフラージュしていたんですね‥‥。。
CIMG8330.jpg 
CIMG8326.jpg
Movie AZ1
↑ こちらはDブロックというエリアにある懲罰用の独房。完全防音なのだとか(下は映画でのシーン)。。

実際の現場を見て思ったのは、この『アルカトラズからの脱出』という映画は、BGM等も殆ど無く、淡々と描かれているので地味な映画ではあるのですが、だからこそ尚更リアルですし、かなり忠実に描かれている映画だとは感じました。

さらに‥‥もう少し刑務所内を回ってみます。
特にこのナイトツアーの場合は、外からの明かりが入りませんので、この施設の薄暗いじめじめとした雰囲気が満載ですが、中でも特にその不気味さを感じたのはこの病院棟でしょうか。。
CIMG8460.jpg
CIMG8464.jpg
CIMG8473.jpg
↑ 手術室、X線室と病室。。
CIMG8466.jpg
↑ 興味深かったのは、「バードマン(Birdman)」と呼ばれた、ロバート・ストラウドの独居房。この人、元々はポン引きをしていた際に殺人罪で懲役刑となったようですが、収監中に独学で小鳥の研究を始め、最終的にはその分野で国際的な権威にまでなったらしいです(→Wikipedia日本語)。
 独居房に入れられれば、時間は無限にあるとは言え‥‥そこまで極めるというのは、かなり凄すぎ!ある意味で、その生き方には感動すら覚えます。

終身犯 [DVD]終身犯 [DVD]
(2006/11/24)
バート・ランカスターカール・マルデン

商品詳細を見る

↑ 彼をモデルにした映画は、オスカーにもノミネート歴があるらしいです。まだ観ていないですが、是非借りてみたいと思います。

CIMG8379.jpg
↑ 監獄内の薄気味悪さと対照的に、ここから眺めるサンフランシスコの夜景は美しい~!!
CIMG8480.jpg
↑ そろそろフェリーの時間なので、埠頭に戻ります。。ナイトツアーの場合は、最終フェリーの時間にも気をつける必要がありますね‥‥間違ってもこんな所で一晩過ごしたくはないですし(笑)。

サンフランシスコ観光としては、かなりベタなツアーではあると思いますが、やはり一度は見ておきたいと思える場所ですし、人気があるのも頷けます(^-^ )

ちょっと長くなりましたが‥‥最後に本日のグルメを。。。

【Bistro Boudin】 ※お店のHP(英語)はこちら
このボウディンというベーカリーは、サンフランシスコ名物のサワードゥ・ブレッドで有名なベーカリーで、カフェ・レストラン等が併設されています。
CIMG7857.jpg
CIMG8537.jpg
↑ 通りからは、ガラス越しにパン製造の工程も見ることができたり。。
CIMG8540.jpg
↑ カフェが混雑していたので、2階のレストランにて食べることに。。
CIMG8543.jpg
↑ サンフランシスコの名物とも言ってもいい、サワードゥブレッド(sourdough bread)に注ぎ込まれたクラムチャウダー(Sourdough Breadbowl)。
さすがにパンそのものは、サワードゥと言うだけあって酸味が強く、個人的にはあまり得意ではないですが、クラムチャウダーと一緒に食べればバランスは丁度いいですし、良く考えられた組み合わせだとは思います。美味しいです。

ちなみに、この白いクラムチャウダー自体は東海岸ニューイングランド地方の名物だと思いますし、はっきりとそう謳っているものもありましたが、サワードゥブレッドとクラムチャウダーとのこの組み合わせの商品はサンフランシスコ名物となっているところがまた面白いですね~!
CIMG8545.jpg
↑ 私は、リゾットも注文。出所した後の食事はまた格別です(笑)。
CIMG8566.jpg
CIMG8567.jpg
↑ ちなみにこのベーカリー、かなりユニークな形のパンも売っています(笑)。

ちょっと食べ過ぎかなぁ‥‥旅先となると、財布の紐も緩くなる上に、胃袋まで拡張してしまっているような‥‥(笑)。

明日はいよいよケーブルカーの日です。


サンフランシスコ・ラスベガス旅行記:『新年は西海岸にて~』シリーズ日記
(1)JetBlueでサンフランシスコ入り、そしてシーフード三昧
(2)セグウェイで周るサンフランシスコ、そして西のバーガーを
(3)Pier39の消えたアシカとアルカトラズ島(本稿)
(4)ケーブルカー博物館へ(GoCarも試してみたり)
(5)ユニオンスクウェアは軽く通過、そしてFラインにも乗ってみる
(6)「スマート」にて走るサンフランシスコ近郊(行き)
(7)「スマート」にて走るサンフランシスコ近郊(帰り)・スヌーピーと連続バーガー
(8)ギラデリ・スクウェア~アメリカのチョコレート②~
(9)1年ぶりのラスベガス・MGM Grandにてお寿司
(10)いよいよグランドキャニオンへ
(11)ラスベガスのカジノ散策
(12)CSIエクスペリエンスと「KA」を堪能
(13)映画・ドラマの中のサンフランシスコ・「MONK」を中心に
(14)旅の締めくくりは‥‥サーモン・ピザ?(シリーズ完結)


【地図】

より大きな地図で SF Fisherman's Wharf を表示


↓↓よろしければ、1日1回ポチッと応援頂けると嬉しいです(別窓で開きます)。
  皆様の応援が更新の励みになっております。
 ※「Ctrl」を押しながらですと、画面が新規タブ・窓に飛ばずにポチして頂けます。

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ・カナダ旅行へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


Blog人気記事大集合♪
スポンサーサイト

Comment

やっぱり地震が

1989年のサンフランシスコ大地震の時も、3ヶ月前から、シーライオンの大移動があったらしいのですが、今回も、それが懸念されてますよね。
昨日もNorth CAにあるEurekaで、M6.5の地震があったし、それの予測でしょうかね??
それとも、もっと大きいのが、SFで近々あるんでしょうか??
怖いですよね。
  • posted by salie
  • URL
  • 2010.01/11 03:33分
  • [Edit]

なんだか・・・。

こんにちは。旅を満喫されてるようですねー羨ましいです。^o^
シーライオンが消えたって言うのは何かありそうですね。動物はいち早く災害などを察知するので何かしらあるんでしょうね。水温の上昇もかなりの被害をあちこちでもたらしているみたいで。
今日は何故かシーライオンのくだりから監獄の生々しい写真とストーリーでホラーを一通り見た気分になってしまいました。
卒煙魂さんのさわやかなナレーション(?)にもかかわらず何故か寒気が。影響されやすい私は手術室の写真にかなりやられてしまいました。全く怖い内容ではないのに何故か今日の卒煙魂さんのブログは寒くなってしまいました。

でも美味しそうですねーリゾット!結局最後の食事の写真で寒気も吹っ飛んでしまいました(笑)私米好きなのでリゾットの写真はたまりませんね~。出所しましたね、おつとめお疲れ様でした。しゃばの空気を満喫してください。(笑)
  • posted by マコベス
  • URL
  • 2010.01/11 10:21分
  • [Edit]

NoTitle

私がアルカトラズと言えば、グラハム・ボネットとイングベイなんですが・・・。(ご存知です?w)
まさに「告発」で見たまんまですね!(ケヴィン・ベーコン好き)
独房がズラッとなっている写真を見て、映画の最後で囚人が「カンカン」鳴らすシーン思い出してウルッときました。
私も行ってみたい・・・。
前回の記事のセグウェイも羨ましいですぅ~。
アメリカ楽しそう!!!
絶対に行くと決心しました。セグウェイ乗りたさ&アルカトラズ見たさに!
  • posted by ももくそ
  • URL
  • 2010.01/11 18:30分
  • [Edit]

あるかとらずぅ~~~

とうとう収監されてしまったんですねw
ちょっと夜にかけては、怖いものがありますよね。無事のご帰還、おめでとうございます。

さてさて、サワードゥブレッドに注ぎ込まれたクラムチャウダー~~~~こういうのに弱いんです。も~~~たまらんwww(丑年は終わったのに)
まだまだ、この旅日記がたっぷりと続きそうな予感に、期待が膨らんできております。
ワクワクドキドキ(爆)

独房

なんだか、凄いもの見ちゃいました・・っていう感じです。印象に残ったのは、最後の独居房に入ってて小鳥の国際的権威になった人。あれ、独居房だからよかったんですね。凶悪犯と一緒にされず、身の危険に冒されることもなかった。でも、私だったら気が狂ってると思います。シーライン→地震・・・イヤだわ・・想像したくないですね。最後に食ネタで救われました。なんじゃこれ!?って思ったら、クラムチャウダー♪ 食べたいな~~。
  • posted by かのちゃん♪
  • URL
  • 2010.01/12 00:03分
  • [Edit]

たいさく

たのしんでいらっしゃいますねぇ。
ものすごいちょーたいさくのブログ!!
たびのじゅうじつぐあいがつたわってきました。

すみません。
かんじへんかんできなくなってしまいました。。。

さいきん、ちょっとちょうしわるいですねぇ。
しつれいします!!
  • posted by JJSG
  • URL
  • 2010.01/12 22:01分
  • [Edit]

salieさん、こんにちは!

1989年の地震の話は知りませんでした。そうだったんですね!

まあ、動物は地震の前兆を捉えたりすると言われてますしね‥‥Euricaのニュースは私も見ましたが、もしやこれとも関係しているのかもしれませんね。。
地震だけは予測が難しいだけに怖いです~。。何事も無ければいいのですが‥‥。
  • posted by 卒煙魂
  • URL
  • 2010.01/13 05:47分
  • [Edit]

マコベスさん、こんにちは!

そうなんです、、ちょっとこのアルカトラズの監獄は不気味でした。。
本文にも書きましたけど、写真に写っている以上に薄暗くて、しかもここが実際に刑務所として使われ、『告発』で描かれたようなことも行われていた場所だと考えると‥‥結構寒気がしました。
手術室は私もやられた一人です(笑)。この部屋は、外の明かりも無く、あのランタンみたいな電灯だけでしたので、不気味さは最高潮でした。。

やはりこういった重苦しい空気を吹き飛ばしてくれるのは常に食べ物ですね^^
しかし、しゃばの空気は最高ですね~(爆)
  • posted by 卒煙魂
  • URL
  • 2010.01/13 06:05分
  • [Edit]

ももくそさん、こんにちは!!

そういう名前のバンドがいたのは聞いたことがあるのですが‥‥思わずググってしまいました(笑)。
私も『告発』は観て感動した一人ですが、かなり昔でして、忘れている部分も多いので、もう一度観てみたくなりました。^^
アルカトラズ島はほんっとに良かったです!!これはオススメです~。もちろん、セグウェイも楽しかったですよーー (^-^ )
  • posted by 卒煙魂
  • URL
  • 2010.01/13 06:23分
  • [Edit]

アイさん、こんにちは!

そうです、とうとうアルカトラズ行きでした(笑)。
昼間のツアーの写真を見たら、内部もかなり明るい感じだったのですが、やはり夜は、ある意味で迫力が違いました。。不気味ではあったのですが、やはり個人的には夜のツアーをお勧めしたいですね。。ここに収監されていた人達がどのような環境で過ごしていたのか‥‥その本来の状況を垣間見ることができる気がしますので。
このクラムチャウダーはなかなか美味しいですよ!パン単体で食べるのはちょっと‥‥という感じですけど、「食べられる容器」という感じです (^-^ )
  • posted by 卒煙魂
  • URL
  • 2010.01/13 06:31分
  • [Edit]

かのちゃん♪、こんにちは!!

このバードマンなんですけど、、ある意味凄いですよね。。
確かに独居房で変に周囲との接触が無いからこそ、ひたすらに研究に打ち込めたのでしょうけど、、でもそれで学者にまでなるというのは只者ではないですね~。

クラムチャウダーはお勧めですよ!この丸いパンの容器に入れて‥‥というのがここSFの名物らしいですし、徐々にチャウダーがパンにしみ込んで行くので、食べやすくなったりするんです (^-^ )
  • posted by 卒煙魂
  • URL
  • 2010.01/13 06:36分
  • [Edit]

JJSGさん、こんにちは!

PCの方は大丈夫でしょうか?
たまに日本語変換がおかしくなるってことはありますよね~そんな中でのコメありがとうございました^^
今回は非常に充実した旅をすることができて、未だに西海岸への思いに浸りながら、寒い東海岸で過ごしております(笑)。まだまだ書きたいことが一杯ありますので、これに懲りずまた遊びに来てくださいね~ (^-^ )
  • posted by 卒煙魂
  • URL
  • 2010.01/13 06:39分
  • [Edit]

こんばんは!

卒煙さん。。ピア39のHRC行かれたですね!!(ブログ貼り付けていただき感謝です!!) あのJON・・やばいくらいかっちょえく!! 何枚も写真撮りました! NJ代表としては!!押さえました!!って感じですかね!??(爆)

同じSFですが、かなり充実された旅ですので、食い入るようにみて、一つづつコメントさせてください!!
アルカトラズ島 REALですね。。取り残されず良かったです(爆) 昼間限定でしか怖くて見れないです・・
でもいけなかったので。有難うございます!! 凄い・・怖い・・感じがしますよね・・・

アルカトラズから見るSFの景色がとても綺麗です~
ガスってなくて凄く綺麗ですね!!
投獄されていた人はこんな景色を眺めていたんですね・・


  • posted by sakiちゃん
  • URL
  • 2010.01/16 23:37分
  • [Edit]

sakiちゃん、こんにちは!

そうなんですよ~例のハードロックカフェに行ってきたんです^^
こういう観光地のお店でTシャツを買うというのは、、割高だし、どうだかなぁという思いもあったのですが、あのジョンTを見たら、NJ人の血が騒いで、気がついたらレジに立ってました(←ちょっと大げさですが 笑)。
そりゃあ、NJ人ですから、これは押さえておかないと(爆)。

アルカトラズは思った以上に良かったです。もっと「観光地」って感じなのかなぁと思っていたのですが、当時の状況がリアルに保存されていて、多くの人がここに長く投獄されていたと考えると、、結構鳥肌が立つような怖さがあって、歴史的な施設としても貴重なものだと思います。
いや~、今思い返してもSFは楽しかったです!(^-^ )
  • posted by 卒煙魂
  • URL
  • 2010.01/17 02:56分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最近の記事+コメント

月別アーカイブ(タブ)

全ての記事を表示する

検索フォーム

ClusterMaps

ご訪問ありがとうございます!<(_ _*)>

人気ページランキング


↓FC2集計によるアクセスランキングです

アクセスカウンター(UU数)

いつもご訪問ありがとうございます!

右サイドメニュー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリーツリー

ランキング参加中です

↑更新の励みになっております。ポチッと応援お願いいたします(同ジャンルの他の方のブログもご覧頂けます)。

人気ブログランキング

皆様の応援が更新魂に火を灯します

人気ブログランキングへ

※このサイトでは、文字数制限の関係で、日本語タイトルにしております

お気に入り動画

イチオシ! マリエ・ディグビー ※マリエ・ディグビーについては、こちらの日記をご参照ください。
やはりイイ!ダイアナ・クラール ※ダイアナ・クラールについては、こちらの日記をご参照ください。
↓ その他のお気に入り動画

おきてがみ

ポチッと足跡を残して頂きますと、後ほど訪問させていただきます^^

おきてがみ

※FC2以外のブロガーの方々向け

他のランキングバナー

↓よろしければ、こちらもポチッとしてもらえると、嬉しいです(「Ctrl」を押しながらだと楽に連ポチできるみたいです)

プロフィール

卒煙魂

Author:卒煙魂


40代手前で卒煙を目指すことにした、元アメリカ在住・男性です。

映画、音楽やアメリカのTVドラマ、そしてギター好き。
卒煙、アメリカ生活、趣味などについて、思うままに綴っていきたいと思います(2010年5月の帰国後は週1~2回の更新を目安にしています)。コメント・TBなど大歓迎です!

本ブログ掲載の写真の殆どは、クリックにて拡大してご覧頂けます。

※禁煙・卒煙/ダイエット関係の日記の一部は、SNS「禁煙の森」or「KIROKUBO」に掲載した日記を、ブログ用として掲載させて頂いている場合もあります。
※※本ブログのコンテンツ(本文・画像等)の著作権は筆者もしくはその著作者に属します。無断転用・転載はご遠慮願います。
また、不適切と判断したコメントは、予告なく削除させて頂く場合があること、TBは日記トピックに関連あるものに限る点につきご了承願います。

FC2バナー他

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。