i2i無料WEBパーツ

卒煙魂のSmoke-Free Journey

ゆったりと卒煙に取り組むアメリカ帰り「卒煙魂(Sotsuen-Damacy)」の徒然日記~アメリカ生活(~2010年5月)、東京生活、グルメ、禁煙などを中心に~

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの車事情(5) アメリカのETCと道路事情~高速道路の無料化論も~

「アメリカは車社会」的な言い回しは良く使いますが、生活実感としても、確かに車社会としては成熟していると感じています。今回は、アメリカの道路事情とそれにまつわるお話を‥‥

アメリカの道路事情として、まずインフラの面では、、
・道路網が発達している
・(有料の場合も)通行料金はかなり安い
・ETC導入の手軽さは日本の比ではない
ということが挙げられるかと思います。

また、国土が広い分、移動距離が長くなりがちではあるものの、やはり日本に比べればガソリン代は安い(バクッと言えば、半額という感じ)という背景も無視できません。

【アメリカのETC ~東海岸であれば、E-Z Pass~】
アメリカの場合、全米の全ての州で統一されたETCシステムというものは存在しませんが、主要なETCシステムが幾つかあります。
例えば、カリフォルニアでは「Fas Track」、フロリダでは「SunPass」といった具合なのですが、アメリカで最大規模のETCシステムは、主にアメリカの北東部で利用されている「E-Z Pass」というシステムです。

E-ZPass_logo.png

このE-Z Passは、14州25公団で利用されており、独立したシステムを利用していた州も徐々にこのEZ- Passに取り込まれていく傾向にあるようです(例:メリーランド州のM-Tagや、イリノイ州のI-Passなど)。

日本のETCとの比較では‥‥
日本でETCを使ったことは無いですが、私が居た頃は、ETC車載機が確か2~3万円という感じで、結構な費用がかかる状態でした。ここ近年の日本の状況は知りませんが、これと比較すれば、アメリカのETCは、とにかく、「安くて簡単」です。

E-Z Passを導入するのは実に簡単。オンラインで申し込むと1週間弱程度で下記のような小さな「タグ(Tag)」と呼ばれる応答機が郵送されてきます。
CIMG5120.jpg
ユーザーは、これをフロントガラスの内側(バックミラーの裏付近)にマジックテープ付の両面テープで貼り付けるだけです(一部の車種では、外付けのタグを使用します)。

加入するのに料金はかかりませんし、利用料は州によって違いますが、かなり安いです(NJの場合、$1/月)。E-Z Passアカウントの残高が少なくなれば、自動的に$25がクレジットカードから引き落とされてEZ Passアカウントに加えられる仕組みになっており、明細はいつでもオンラインで確認できます。

EZ Pass2
↑ オンライン明細の例(GWU=ジョージ・ワシントン・ブリッジのUpper(上層)レーンという具合)

(E-Z Pass設置の料金所(Toll Gate)の例)
CIMG4219.jpg
↑ Garden State Parkwayという有料道路に入るあるランプの料金所
CIMG4858.jpg
↑ NJ-マンハッタンを結ぶ、リンカーン・トンネルの入口料金所。

ゲートで一旦停止するパターンが多いですが、場所によっては、高速レーンも存在し、時速20マイル程度で通過できるものもあります。

【道路事情】 ※データはWikipedia等も参照
さすがに、アメリカでは1920年代からモータリゼーション(車社会化)が進んでいたと言われていますので、高速道路を含めた道路網は発達しています。その種類を簡単にご紹介しますと‥‥

・州間高速道路(Interstate Highway)
 いわゆる自動車専用高速道路で、全米を網の目のように縦横断しています。
総距離は7万km近くにも及び、片側2車線以上(大都市部等は、片側6車線といった所もある)。制限速度は区間により違いますが、多くは、時速55~65マイル(約89~105km/h)です。

大部分は通行料は無料ですが、有料のものもあります‥‥有料のものは、ターンパイク(Turnpike)、パークウェイ(Parkway)と呼ばれており、東海岸には有料の区間も多いです(例えば、NJ州から他州に出る場合、有料区間を通らずに州境を跨ぐルートはかなり限られます。ニューヨークやフィラデルフィアといったメジャーな都市に行く場合の無料ルートは‥‥恐らく無いです)。

基本的に、東西に走るものは偶数、南北に走るものは奇数番号が振られていますが、特に5で割り切れる数のものは、アメリカ合衆国を横断若しくは縦断するものに振られているそうです。

I-95.gif
↑ 東海岸を縦断している、代表的な州間高速道路I-95の標識。
I-95は、北はカナダとの国境メーン州から、南はフロリダまで通る州間高速道路で、東海岸の主要都市を繋いでいます。

(全米の州間高速道路図)
Interstate highway-map
※この地図は、こちらより拝借しました。

・国道(U.S. Highway)
 アメリカの主要幹線道路(いわゆる国道)。
 主要道路は、州間高速道路に切り替えられたりもしていますが、未だに拡張を続けているらしいです。

US46.jpg
↑ 標識例。

その他-州道郡道などがあるのは、日本に県道・市道等があるのと同じです。

・また、大都市に入る橋やトンネルが有料区間となっている場合も少なくないですね。
東海岸であれば、NYマンハッタンに乗り入れる橋・トンネルの多くは有料です(例:ジョージ・ワシントン・ブリッジ、リンカーン・トンネル等々)。

ちなみに、日本と違うのは、片側を有料にしている場合が多い点になります。
多くは、大都市部に乗り入れる側が有料であり、抜け出す方向は無料といった具合(例:上記ジョージ・ワシントン・ブリッジやリンカーントンネルは、NJ側の入り口に料金所があり、マンハッタン側からNJに向かう方向には料金所が無い)。

☆フリーウェイ(Freeway)とは?
 この定義については州によって曖昧になっている地域もあるようですが、元々は、「全ての一般道路と立体交差構造になっている道路」のことを呼ぶようです。即ち、信号が無く、停止する必要が無いので「Free」と呼ばれています→通行料が無料であるから「Free」と呼ばれた訳ではないようです(結果的には、無料の区間も多いですが)。


【日本の高速道路無料化論について‥‥】※ご興味ない方はスルーしてください。

さて、、ここまでがアメリカの道路事情のご紹介なのですが、現在日本で「高速道路無料化論」が議論されていると聞いています。
これは、政権政党の民主党のマニフェストにもありますが、この根拠に良く引き合いに出されるのは、「アメリカなどでは多くが無料になっているから‥‥(日本もそうすべき)」という点になろうかと思います。

この点、実際にアメリカの道路を使用している者として思うところを数点書かせていただきますと‥‥

結論から申し上げれば、地域経済の活性化も重要ですし、日本の有料道路の通行料金は、世界的な基準で考えても異常に高いことは間違いないです。また、既に建設費用の回収が終わっているものにまで高い通行料を取りながら、他の道路施設の財源にしてきたという自民党政権時の問題や、そもそも道路公団自体の存在意義など‥‥非常に不透明な部分も多すぎますので、この点をクリアにし、「通行料金を妥当なレベルまで引き下げる(“無料”が妥当な道路については無料にする)ことが必要」だと考えています。

と言う意味では、無料化論自体に反対している訳ではありません。

但し、日本人ドライバーの感覚で許容できる最低限の道路の質というものはあるはずで、その質を維持する為の財源は、たとえ通行料からであっても確実に確保する運用にすべきと考えています(無理な無料化を優先すべきではない)。

何が言いたいのかと申しますと、申し上げたようにアメリカの道路網は非常に発達していますが、その「質」と言う意味では日本より劣る部分が少なくありません。

交通事故の後の残骸や、トラックが落としたと思われる荷物、バーストしたタイヤの残骸、そして、轢かれてしまった動物の死骸など‥‥アメリカの道には結構いろいろな物が落ちていますし、放置されています。

これは、非常に危険ですし、仮に日本の高速道路等がこのような状況になっていたら、おそらく多くの日本人ドライバーの感覚としては耐えられないレベルのものだと思います。

実体験です‥‥
私がアメリカに渡米して間もない頃、高速道路(いわゆるフリーウェイ)を走っていた時のこと‥‥前の車がトラックでしたので前方が良く見えなかったのですが、突然タイヤの残骸(大型トラックのものと思われる大きなタイヤのです)が目の前に現れました。
私は中央の車線を走っており、左右に車も並走していましたので、安全の為には左右に避けようが無く、そのまま乗り越えたのですが、かなりの衝撃を受け、前のバンパーにヒビが入り、危うくバンパーを取り替える必要があるレベルまで破損するところでした(未だにライセンスプレートは曲がっています)。

また、アメリカの高速道路は非常に水はけが悪いです。日本の高速道路は、この点の技術が優れていて、大雨の日でも前方を走る車の水しぶきも最小限で済むのとは大違いです。

さらに言えば、日本では、車線のライン(白線)も非常にくっきりと見えるように維持されていて、雨が降る夜でも良く見えますが、アメリカの場合はかなり怪しい状態です。

私は日本に居た頃だけでも10万km以上の運転歴がありますが、日本の道路でそれ程怖い思いをしたことは記憶にありません。

アメリカでは‥‥
アメリカの道路は無料の区間も多いですので、維持管理費用については税金が大きな財源となっています。この国は、車社会で殆どの人が車を持ち、そしてこういった高速道路を利用していますので、受益者負担という考え方をベースにしても、「税金として皆から集めたものから支出する」ことが正当化し易いところはあると思います。

それに、通行料が無料若しくはかなり安いので、道路状態の質についてはそれ程高いレベルが求められない状況になっているとも言えると思います。

日本の場合は‥‥
まだまだアメリカ程には「皆が常に車を使う」状態ではないでしょうし、しかも、大多数の人が日常的に高速道路を使用するという状況でもない(首都高や阪神高速道路的なものは除きますが)と思われますので、(高速道路を使用しない納税者も多い中で)税金を財源にするということはコンセンサスが取れにくいのではと思います。

と言う事で言いますと、道路公団の組織の見直しや無駄の排除はするとしても、一定の維持管理費は「通行料」を財源とする必要性も出てくるのではないか?(あくまで、「どこまで通行料の引下げができるか」の問題であって、安易に「無料化などできないのでは?」)という問題意識で臨むべき問題に思えて仕方がありません。

高速道路の料金の大幅引下げを国民として望むのであれば、ある程度は道路の質が落ちる事は甘受する心構えが必要で、ましてや「無料化」を全体で進めるとなると‥‥果たして日本人が耐えうるレベルが維持できるかも非常に疑問があるということは申し上げたいと思います。

「保守・管理費の財源が少なくなれば、必然的に質は落ちる」ことは何事にも言えることでして、それを脇に置いた「まず無料化があるべき」的な議論はちょっと危険かなぁという気がしてならないです。

ホント、日本の高速道路の「質」は感動する位に高いです。
でも通行料が高すぎるのは確かであるので、非常にバクッと言うと、通行料は、まず今の半額か1/3程度にすることをターゲットにできないのでしょうかね‥‥(ユーザーとしての感覚的な数値で、特に根拠がある数字ではありませんが)。


気付いたら、このシリーズも5回目になっていました。
また何かあれば書かせていただきたいと思います。(^-^ )

アメリカの車事情(1) 車のバッテリーが‥‥
アメリカの車事情(2) 米ビッグ3の凋落と日本車の人気?
アメリカの車事情(3) バッテリー事件その後+Blue Lawなど
アメリカの車事情(4) アメリカでの車両登録・車検などについて
アメリカの車事情(5) アメリカのETCと道路事情~高速道路の無料化論も~(本稿)


↓↓よろしければ、1日1回ポチッと応援頂けると嬉しいです(別窓で開きます)

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村

↓↓でも‥‥やはり通行料は安いに越したことは無い。。。
人気ブログランキングへ
↑禁煙、地域情報(北アメリカ)
スポンサーサイト

Comment

すばらしい

こんにちは。

すばらしい記事でございましたよ。
その考え方に納得です。
無料になれば利用する人はうれしいですけど、それで質が落ちたり事故が増えたり、大混雑したり、・・・。
というのは避けたいですからねぇ。

無料じゃなくても、適度に安ければ、いいですよね♪

アメリカのe-z-passシステム、いいですねぇ。
車載機など不要なところがいい。

日本はいろんな意味で無駄が多い気がしますね。
  • posted by JJSG
  • URL
  • 2009.11/08 09:44分
  • [Edit]

ドンピシャのトピックです!

まさに今日、日本でいうETCシステムについて考えながらシカゴからハイウェイを通って帰ってきました。
4回もToll Charge エリアを通ってきたのですが、1回の料金は80¢と安いものの、やはりその度に、本線をはずれ、”Cash" ゲートを通るのは面倒で仕方がなかったです。
こちらでは無料で設置できるんですね!
日本のETCは15,000円近くしたと思います。
たしか国土交通省の天下り組織が運営していますよね?
何もしなくても、お金がバンバン入ってくる(ETCの登録料等)、と前に何かの特集で放送されていたのを思い出します。

アメリカの道路・・もう少しなんとかならないんでしょうかねぇ。
ボコボコ道が多すぎ・・・
1ヶ月前、ハイウェイ走行中、トラックが跳ねた大きめの石ころ?か何かがフロントガラスを直撃した時は割れるかと思って驚きました!
幸い、ヒビも入らずに無事でしたが・・・でも、いつ車が損傷するか分からないですね。こんだけ道路が悪い中、無事に帰宅できると、その度に神様にお礼を言わずにはいられません(苦笑)
  • posted by ナクペンダ
  • URL
  • 2009.11/08 13:32分
  • [Edit]

NoTitle

私も高速の無料化には反対です、それよりもっと議論すべき例えば、医療や福祉、年金など、問題は山積している、アメリカも整備や基本的な事はお金をかけてきちんとすべきです、高速に物がおちていれば大事故になる、車線や水はけは基本的な事だ、以前NYにいったとき一番おどろいた、困ったのは地下鉄です、駅員を配備してほしい、<一部駅員はいるが、無人が多い>アナウンスをしてほしい、それとギーギー音をたてて走っているが整備はきちんとしているのか?イエローカードは現金でも買えるようにして、ホームに入ったら誰も聞く人いない、もの凄く、地下鉄辛いです、わかりずらい、なにわともあれ私がこれから先アメリカに行って住むという事はないでしょう、なぜなら旅行くらいしかいくきっかけがないから

JJSGさん、こんにちは^^

> 無料じゃなくても、適度に安ければ、いいですよね♪

まさに仰る通りだと思います。
日本の通行料は高すぎるのは間違いないのですが‥‥いきなり「無料化」という話は、議論のきっかけとしてはいいと思うのですが、適度な道路の質・安全性を適度な費用で‥‥というバランスをうまく考えていかないと、マズい気がしてならないです。

ETCシステムもそうですね。。凄い質の高いシステムを費用をかけて‥‥というよりは、それなりの質のものをユーザーの費用負担を少なく、、という考え方でもいいと思います。
このE-Z Passですが、長年使用していて何の支障も無いですし。
  • posted by 卒煙魂
  • URL
  • 2009.11/09 05:56分
  • [Edit]

ナクペンダさん、こんにちは~^^

凄い奇遇なタイミングですね!!
確かに、こちらの道路の通行料は、$1以下の区間も多かったり、かなり安いですよね(NY・NJ近郊の「橋・トンネル」はちょっと高いですけど、それでも数ドルレベルです)。

ETCの設置費用は公団(州)によって違うようですけど、多くは初期デポジットが必要であっても、最終的には通行料に充当されるので、実質的には加入料はゼロに近いと思います。
日本の道路公団の不透明性は長年の問題ですからね。。仰る通りの天下り組織で、かなり年収も高いのだとか‥‥そんな部分には断固としてメスを入れるべきですね。

アメリカの道路は‥‥有料区間になるとややマシではありますけど、全体的にはやはりボコボコ道も多いですよね。。今では慣れてしまいましたが、久々に日本の道路を見ると感動してしまいます(笑)
  • posted by 卒煙魂
  • URL
  • 2009.11/09 06:01分
  • [Edit]

子羊さん、こんにちは~^^

アメリカの場合、通行料がかなり安いので、ある程度は仕方が無い部分はあると思いますけど、もう少し改善はして欲しいですね。。
医療制度自体は恐らくアメリカで一番問題になっている部分であるので、これだけは何とかして欲しいものだと思います。
  • posted by 卒煙魂
  • URL
  • 2009.11/09 06:04分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最近の記事+コメント

月別アーカイブ(タブ)

全ての記事を表示する

検索フォーム

ClusterMaps

ご訪問ありがとうございます!<(_ _*)>

人気ページランキング


↓FC2集計によるアクセスランキングです

アクセスカウンター(UU数)

いつもご訪問ありがとうございます!

右サイドメニュー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリーツリー

ランキング参加中です

↑更新の励みになっております。ポチッと応援お願いいたします(同ジャンルの他の方のブログもご覧頂けます)。

人気ブログランキング

皆様の応援が更新魂に火を灯します

人気ブログランキングへ

※このサイトでは、文字数制限の関係で、日本語タイトルにしております

お気に入り動画

イチオシ! マリエ・ディグビー ※マリエ・ディグビーについては、こちらの日記をご参照ください。
やはりイイ!ダイアナ・クラール ※ダイアナ・クラールについては、こちらの日記をご参照ください。
↓ その他のお気に入り動画

おきてがみ

ポチッと足跡を残して頂きますと、後ほど訪問させていただきます^^

おきてがみ

※FC2以外のブロガーの方々向け

他のランキングバナー

↓よろしければ、こちらもポチッとしてもらえると、嬉しいです(「Ctrl」を押しながらだと楽に連ポチできるみたいです)

プロフィール

卒煙魂

Author:卒煙魂


40代手前で卒煙を目指すことにした、元アメリカ在住・男性です。

映画、音楽やアメリカのTVドラマ、そしてギター好き。
卒煙、アメリカ生活、趣味などについて、思うままに綴っていきたいと思います(2010年5月の帰国後は週1~2回の更新を目安にしています)。コメント・TBなど大歓迎です!

本ブログ掲載の写真の殆どは、クリックにて拡大してご覧頂けます。

※禁煙・卒煙/ダイエット関係の日記の一部は、SNS「禁煙の森」or「KIROKUBO」に掲載した日記を、ブログ用として掲載させて頂いている場合もあります。
※※本ブログのコンテンツ(本文・画像等)の著作権は筆者もしくはその著作者に属します。無断転用・転載はご遠慮願います。
また、不適切と判断したコメントは、予告なく削除させて頂く場合があること、TBは日記トピックに関連あるものに限る点につきご了承願います。

FC2バナー他

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。