i2i無料WEBパーツ

卒煙魂のSmoke-Free Journey

ゆったりと卒煙に取り組むアメリカ帰り「卒煙魂(Sotsuen-Damacy)」の徒然日記~アメリカ生活(~2010年5月)、東京生活、グルメ、禁煙などを中心に~

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『悪魔のマーケティング タバコ産業が語った真実』を読む

悪魔のマーケティング タバコ産業が語った真実悪魔のマーケティング タバコ産業が語った真実
(2005/01/20)
ASH(ACTION ON SMOKE AND HEALTH)

商品詳細を見る

暫く前に購入していたのですが、ようやく読んでみました。87

禁煙 115 も150日を越えましたが(→該当日記)、心境的には以前よりタバコ 309 を思い出す瞬間も増えてきた気がしますので、禁煙半年に向けたモチベーションを高める意味でも、いいタイミングだったと思います。

〔本書について一言〕
Amazonなどでも多くレビューがなされていますので、あまり深く立ち入りませんが、、

本書は、タバコ訴訟の中で明らかにされてきた欧米のタバコ産業の内部文書・従業員/役員の証言等を引用しながら、タバコ会社が長い期間に渡って、喫煙と肺癌の因果関係やニコチンの依存性に気付きながらも、巧みな商品開発・広報宣伝活動等を通して、(未成年者をも潜在的なターゲットとし)喫煙者を増やしながら巨万の利益を上げてきた、ということを指摘している英国NGOのまとめたドキュメントを書籍化したものになります。

内容的には、既に映画「インサイダー」にて描かれていることを骨子として含むこと、全体として、引用している証言等がパッチワーク的に集められている印象はあったり、、、また、原文を読んではいませんが、明らかに日本語訳として不自然と思われる点も散在している等々‥‥ツッコみたくなる点はあるにはあるのですが。。

それらを差し引いても、これだけの情報を纏め上げるだけでもかなりの労力が要ることであり、禁煙を続ける身の自分にとっては一読の価値はあったかと思っております(内容的には、若干値段は高いと思いますが)。


〔私にとっての本書〕
前述の通り、禁煙も150日を経過していますので、いわゆる禁煙手法・ノウハウ的なものに重点を置いた禁煙本(→別日記にて2冊ご紹介させていただきました)を読む必要性はかなり低くなってきましたし、タバコを吸わずに一日を過ごすこと自体も当たり前になってきております。

このような状況下では、どちらかというと、「何故タバコを止めているのだろう?」といった妙な疑問や、ちょっとした好奇心が頭をよぎる場合なども想定しながら、「もうこのまま一生タバコを吸わないぞ」という決意を再認識・強化するアクションこそが必要だと考えております。

いわゆる禁煙本においても、禁煙の動機形成・維持の為にタバコの有害性にも触れられているものですが、本書は、タバコ産業が辿ってきた道を時系列的に眺めながら、私が17年間も吸ってきたこの「タバコ」というものが、市場における「商品」として一体どのようなものであるのかを冷静に眺める為にも役に立ったと思います。

そして、今自分は何とかしてタバコを止めようとしている訳ですが、かつての一消費者として、供給者側であるタバコ業界の内幕を眺めることで、もう同じ状況に陥りたくないという思いを再認識することはできたかなと考えております。

いずれにしましても、禁煙の動機維持が難しく感じられたり、中だるみで油断する瞬間も増えてきたかなぁという時期には、この類の「タバコにまつわる話」というのも、効果的な刺激剤になってくれるのではと考えております。


ちなみに、この本を紹介する上では、本の帯にも引用されている、「タバコなんざ、ガキや貧乏人に黒人、あとはバカに吸わせておけ」という米国大手タバコ会社役員の発言が取り立たされることが多いですね。
内容的にインパクトがありますし、タバコ業界が消費者をどのように見ているのかという一面を垣間見れるという意味では、これも分かるのですが、、

個人的には、「用途通りに使うことが死をもたらす、唯一合法的な製品がタバコです」という、かつてのクリントン政権下での公衆衛生局長官の発言の引用の方が、地味ではありますが、今の自分の禁煙には役に立つ気がします。

「そんなモノを自分はまだ吸いたいのか?」と自問してみれば、答えは自ずと「NO」になりますし、疑問・迷いも飛んでいきますので。


↓↓よろしければ、ポチッと応援お願します(別窓で開きます)
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

\(゜゜) ポチッと

卒煙魂さん、こんにちは。(おやすみなさい)^^

僕は現時点で禁煙日数430日経ちましたが、今日森ではなちんさんの日記を読んで、改めて気の引き締まる思いがしました。
何でもそうですが、失って始めて分かるものって多いと思うんですよ。
健康もそのひとつですよね。
でも、もう年齢的に病気とは隣り合わせ。ちょっとした気の緩みが、命取りとなる年齢です。
大原麗子が62歳の若さで他界しました。62歳と言うと自分に当てはめるとあと20年です。
もうそんな計算が出来てしまう歳、やはり健康は大切です。
ではでは。^^
  • posted by 高杉龍馬
  • URL
  • 2009.08/09 13:05分
  • [Edit]

龍馬さん、こんにちは~^^

私も、はなちんさんの日記を拝見しました。
私自身も今回の禁煙については、現在・将来の健康不安というものが大きなトリガーになりましたので、考えさせられます。

大原麗子のニュースもかなりショックでしたね。難病を患っていたということですが、このご時勢に62歳というのは若いですので。やはり自身の健康は自身で守るしかないという、当たり前のことを考えさせられました。

何があろうと、どんなマヤカシを受けようと、あのタバコだけはもう吸う訳にはいかないですね。あの悪習を断つだけでも健康リスクはかなり低くなる訳ですから。。

ではでは^^
  • posted by 卒煙魂
  • URL
  • 2009.08/09 22:25分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最近の記事+コメント

月別アーカイブ(タブ)

全ての記事を表示する

検索フォーム

ClusterMaps

ご訪問ありがとうございます!<(_ _*)>

人気ページランキング


↓FC2集計によるアクセスランキングです

アクセスカウンター(UU数)

いつもご訪問ありがとうございます!

右サイドメニュー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリーツリー

ランキング参加中です

↑更新の励みになっております。ポチッと応援お願いいたします(同ジャンルの他の方のブログもご覧頂けます)。

人気ブログランキング

皆様の応援が更新魂に火を灯します

人気ブログランキングへ

※このサイトでは、文字数制限の関係で、日本語タイトルにしております

お気に入り動画

イチオシ! マリエ・ディグビー ※マリエ・ディグビーについては、こちらの日記をご参照ください。
やはりイイ!ダイアナ・クラール ※ダイアナ・クラールについては、こちらの日記をご参照ください。
↓ その他のお気に入り動画

おきてがみ

ポチッと足跡を残して頂きますと、後ほど訪問させていただきます^^

おきてがみ

※FC2以外のブロガーの方々向け

他のランキングバナー

↓よろしければ、こちらもポチッとしてもらえると、嬉しいです(「Ctrl」を押しながらだと楽に連ポチできるみたいです)

プロフィール

卒煙魂

Author:卒煙魂


40代手前で卒煙を目指すことにした、元アメリカ在住・男性です。

映画、音楽やアメリカのTVドラマ、そしてギター好き。
卒煙、アメリカ生活、趣味などについて、思うままに綴っていきたいと思います(2010年5月の帰国後は週1~2回の更新を目安にしています)。コメント・TBなど大歓迎です!

本ブログ掲載の写真の殆どは、クリックにて拡大してご覧頂けます。

※禁煙・卒煙/ダイエット関係の日記の一部は、SNS「禁煙の森」or「KIROKUBO」に掲載した日記を、ブログ用として掲載させて頂いている場合もあります。
※※本ブログのコンテンツ(本文・画像等)の著作権は筆者もしくはその著作者に属します。無断転用・転載はご遠慮願います。
また、不適切と判断したコメントは、予告なく削除させて頂く場合があること、TBは日記トピックに関連あるものに限る点につきご了承願います。

FC2バナー他

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。