i2i無料WEBパーツ

卒煙魂のSmoke-Free Journey

ゆったりと卒煙に取り組むアメリカ帰り「卒煙魂(Sotsuen-Damacy)」の徒然日記~アメリカ生活(~2010年5月)、東京生活、グルメ、禁煙などを中心に~

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ旅行記⑥(3日目) ローテンブルクで過ごす1日

‥‥(前回旅行記の続き)‥‥

今日は移動の必要が無いので、友人と再会する予定の晩までは、ローテンブルクでゆっくり過ごしました。     ( ̄ー+ ̄)

〔ケーテ・ウォルファルトの本店へ〕
クリスマス用品が数多く取り揃えられているこのケーテ・ウォルファルト(→日本語公式HP)の本店がマルクト広場のそばにありますので行ってみました。

欧米でもクリスマスはもちろん12月ですが、クリスマスツリーに飾るオーナメント等の商品はいろいろなお店で年中販売されています。

この、年に一度のお祭りに向けて1年を過ごしていると言ってしまうとやや大げさになると思いますが、やはりクリスチャンの国ですので、クリスマスに対する意識の強さは、日本でのそれとは比較にならない位だと日々感じています(だからこそだと思いますが、欧米ではこういうお店も成り立つのだと思われます)。

さすが本店ということで、規模・品揃えも充実しており、観光客も多くかなり混雑していました。

ちなみに、2008年11月のフィラデルフィア旅行の際は、市庁舎の前に多くの出店が出ており、その中にこのケーテの出店もありましたので、いくつかオーナメントを買ったりもしました。
CIMG0411.jpg

〔中世犯罪史博物館〕
この日の正午前後は、急に天気が崩れ雨が降り出しましたので、今回是非行きたいと思っていたこの博物館で雨をやり過ごしました。

このメルヘンチックなローテンブルクの中ではちょっと異彩を放っている存在ですが、中世の拷問・処刑にかかわる資料や、実際に使われていた道具等が数多く展示されており、建物はヨハネ騎士修道会のもの(1395年)が使用されています。

っというと、ちょっとオカルト的な変なもののように聞こえますが、ここは同時に、旧西ドイツ唯一の中世の法律に関する博物館であるらしく、1世紀にわたる法律、判決、諸刑罰の歴史に関するあらゆる物が、地下1階、地上3階のフロアーに展示されています。

特に裁判手続に関しては個人的に興味があり、また中世の人々がどのような法的条件の元に暮らしていたか、また当時の訴訟手続(特に刑事訴訟)について具体的に説明されていてかなり面白かったです。
尚、日本人観光客が多いこの地らしく、展示品にはほぼすべて日本語訳・説明もついています。

↓ 展示物はかなり多いです。右は、各拷問・処刑方法が説明されたジオラマ。
CIMG0389.jpg CIMG0386.jpg

↓ 裁判手続に関しては、パネル一面に渡って説明がなされていました(日本語解説付)
CIMG0395.jpg CIMG0398.jpg

入場料は結構安かったです(この当時、1ユーロ=157円、1.36USドル程度でした)。
CIMG2727.jpg

また、この日は、相方の思い出の店、アイスカフェ・ドロミテ(Eiscafe Dolomiti)というカフェ(チェーン店らしいです)でも休憩しましたが、スパゲティ状になったその名も「スパゲティ・アイス」(まんまですが 笑)で有名なお店で、相方も堪能していました。

【いよいよGUYとの再会】
序章」にて触れた通り、今日からは、ドイツ在住の友人(GUYと呼びます)と合流することになっていましたので、夕方になって、レーダー門(前回日記写真ご参照)を城外に出てすぐの所にあるホテルのレストランに行き、再会を祝しました。

尚、我々の旅行中、このGUYのお友達(台湾人女性:Yさんと呼びます)が滞在中のフランスから遊びに来ていたので、明日から数日間、GUYとYさん、そして私と相方という4人で行動を共にすることになります。
人数も増えて、何だか楽しくなってきました。 ( ̄ー ̄)

ローテンブルクで買ったものなど、「おまけ」は末尾に(「続きを読む」から‥‥)

→つづく(次回旅行記

『ドイツ旅行2007(序章・全旅程・地図)』はコチラ

↓↓よろしければ、ポチッと応援お願します(別窓で開きます)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[2009/6/30   掲載]

-------------------------------------------------------------------------------------------
【おまけ】(大部分は、相方の旧ブログ説明を引用) 
ローテンブルクのお店で買ったものですが、、お土産候補にどうぞ(?)

絵本「ハイディ」
街の本屋さんで絵本発見。現代は主人公の名前そのまんま、「ハイディ」です。

邦題は『アルプスの少女ハイジ』で、アニメ化されて何度もテレビで放送されていたほど人気だったんですが。本屋さんのご主人も日本人には人気らしいコトをご存知で、最近英語版も発売されたと教えてくれました。写真はドイツ語版です。
ハ イジがおじいさんとスイスの山で暮らし始めるところから、羊飼いのペーターのこと、フランクフルトにいるクララの家に滞在したハイジがホームシックになっ て山に帰るところ、クララがハイジのいるアルプスを訪ね、車いすから立ち上がる練習をする話に至るまで、番組で観たときの絵でいっぱいです。
 
Mikado
ドイツに行ったら食べたい物としてあげていたのがこれ。その名もMikado。
名前の由来は分かりませんが、日本では「ポッキー」として売られているお菓子です。アメリカでは別の会社がPockyという名前のまんまで売っていますが、3つとも何となく味が違っていて、どれも美味しいのですが、このMikadoのチョコレートの味が一番好きです。
Heidi  Mikado.jpg
  
Ricola
こ れは日本でも売っていますね(アメリカでも売っています)。機内があまりの乾燥で食べ尽くした為、ローテンブルクのドラッグストアでMikadoと一緒に 補充しました。シュガーレスタイプのクランベリー味がお気に入りです(ohne Zucker=without sugar-sugarless)。

Haribo
あと、大人から子供まで人気がある代表的なドイツのお菓子といったらHaribo(ハリボー)のグミキャンディー。
種類がいっぱいあるので迷ってしまいそうですが、これを買いました。ワインが入っているわけでもなければワイン味でもなく、ワインの産地が書かれた商品です。
荷物になっては、と1袋だけ買ったのですが、私達の食べる勢いからするともっと買っておくべきでした…。
Ricola.jpg   Haribo.jpg
-------------------------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最近の記事+コメント

月別アーカイブ(タブ)

全ての記事を表示する

検索フォーム

ClusterMaps

ご訪問ありがとうございます!<(_ _*)>

人気ページランキング


↓FC2集計によるアクセスランキングです

アクセスカウンター(UU数)

いつもご訪問ありがとうございます!

右サイドメニュー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリーツリー

ランキング参加中です

↑更新の励みになっております。ポチッと応援お願いいたします(同ジャンルの他の方のブログもご覧頂けます)。

人気ブログランキング

皆様の応援が更新魂に火を灯します

人気ブログランキングへ

※このサイトでは、文字数制限の関係で、日本語タイトルにしております

お気に入り動画

イチオシ! マリエ・ディグビー ※マリエ・ディグビーについては、こちらの日記をご参照ください。
やはりイイ!ダイアナ・クラール ※ダイアナ・クラールについては、こちらの日記をご参照ください。
↓ その他のお気に入り動画

おきてがみ

ポチッと足跡を残して頂きますと、後ほど訪問させていただきます^^

おきてがみ

※FC2以外のブロガーの方々向け

他のランキングバナー

↓よろしければ、こちらもポチッとしてもらえると、嬉しいです(「Ctrl」を押しながらだと楽に連ポチできるみたいです)

プロフィール

卒煙魂

Author:卒煙魂


40代手前で卒煙を目指すことにした、元アメリカ在住・男性です。

映画、音楽やアメリカのTVドラマ、そしてギター好き。
卒煙、アメリカ生活、趣味などについて、思うままに綴っていきたいと思います(2010年5月の帰国後は週1~2回の更新を目安にしています)。コメント・TBなど大歓迎です!

本ブログ掲載の写真の殆どは、クリックにて拡大してご覧頂けます。

※禁煙・卒煙/ダイエット関係の日記の一部は、SNS「禁煙の森」or「KIROKUBO」に掲載した日記を、ブログ用として掲載させて頂いている場合もあります。
※※本ブログのコンテンツ(本文・画像等)の著作権は筆者もしくはその著作者に属します。無断転用・転載はご遠慮願います。
また、不適切と判断したコメントは、予告なく削除させて頂く場合があること、TBは日記トピックに関連あるものに限る点につきご了承願います。

FC2バナー他

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。