i2i無料WEBパーツ

卒煙魂のSmoke-Free Journey

ゆったりと卒煙に取り組むアメリカ帰り「卒煙魂(Sotsuen-Damacy)」の徒然日記~アメリカ生活(~2010年5月)、東京生活、グルメ、禁煙などを中心に~

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ旅行記①(1日目) ミュンヘンからフュッセンへ+ドイツの鉄道事情

いよいよ楽しみにしていた、ドイツの南バイエルン州に向かい出発です。499

空港行きのリムジン(この地域ではタクシー代わりに使う)がもう来ているというので、相方にせかされて乗り込み空港へ向かいました。。448

この時、玄関にコートを忘れてきたことを思い出しましたが‥‥まだ9月だけれども、私たちが行こうとしている地域は結構寒いらしいし‥‥でも、時すでに遅し。 !Σ( ̄ロ ̄lll)

【アムステルダム空港にて入国審査】 
NYのJFK空港を出発し、経由地であるオランダ・アムステルダム空港に到着。ここはドイツと同じくEU加盟国だったこともあり、入国審査は飛行機の乗換え前に行われました。。係官の人から、滞在目的や滞在日数とか、場合によっては帰りの航空券を見せることがあるかもなぁなどと思いながらも。。

ところが、
係官:Hello. (ドイツ語ではなく英語だった。)
私:Hello. (じゃあってことで返してみた。)

ガチャリ。(パスポートに押される入国スタンプの音。)

え、それだけ?? 何も聞かれることなく終了。
アメリカの入国審査より遥かに甘く、いやぁ拍子抜け。

聞いたところ、これも係官次第で変わるらしいですし、また、一度係官に咎められるような行動をとった経歴を残すと、それ以降審査のたびに時間がかかってしまうらしいです。

その一方で、手荷物等のセキュリティチェックは米国出発時よりやや慎重だと感じました。
ジャケットはボタンを外すだけではダメで、靴と同じく脱ぐよう指示され手荷物と共にX線を通されましたし、我々男性は、さらにベルトも外すよう指示されました。

相方は、着ているものの中に何か反応があったのか、金属探知機で首からつま先まで調べられていました。あの様子ですと耳に付けたピアスでは対象にならないのかなと思いましたが。。

【ミュンヘン空港~列車での移動】
アムステルダムで乗り換えて約1時間半後、無事にミュンヘン空港に到着しました。
ここでもセキュリティを通らないといけないのか色々気になってはいましたが(別に変なものを持ち込んでる訳ではないのですが‥‥笑)、到着後は何もなく簡単に外に出られました。そのときに初めてEU加盟国は一つになっているんだなと実感!

ここからは列車での移動です。234

私は、車で移動が大好きなので、電車で移動することに相方は心配していたようです。もし私がワガママを言い出したら空港に置き去りしてやろうというのが相方の黒~い計画だったことが判明(やりかねないし 笑)。 ( ̄□ ̄;)!!

なにぶんここはドイツ語の世界。。。相方が居ないとかなり困ることに‥‥。。

っと、電車のチケットを買うため券売機へ向かいました。
これから我々が目指すのは、ルードヴィヒ2世が建てた有名なノイシュヴァンシュタイン城のあるフュッセンというオーストリアとの国境近くにある町です。

尚、券売機から電車乗り場へ向かうエスカレーターがあるのですが、Sバーン(バーン=列車)(→Wikipedia(日))のみ利用する場合は、エスカレーターのところか乗り場にある青いボックスにチケットを打刻せねばなりません。打刻するのを忘れると罰金の対象になるそうですから注意が必要です。

私たちはSバーンからローカル線や特急に乗り換える予定で、チケットの規格がSバーンのとは異なっていました。一応カウンターで確認すると、打刻は必要なく、改札時提示するだけで良いとわかりました。

改札は車内で行われます。チケットを手にしたらそのまま電車に乗ればOKです。カウンターの方に聞いたところ、(ここのカウンターでは)ドイツ語でも英語でも対応できるとのことです。

さあ、いざ出発!!456
空港からSバーンに乗り、30分ほどするとミュンヘン中央駅(München Hbf)に着きます。


→つづく(次回旅行記

※ドイツの鉄道事情・チケットの買い方等、詳細にご興味あれば、「続きを読む‥‥」以降に。

『ドイツ旅行2007(序章・全旅程・地図)』はコチラ

↓↓よろしければ、ポチッと応援お願します(別窓で開きます)
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[2009/6/26  掲載] 

-------------------------------------------------------------------------------------------
(参考情報) ドイツの鉄道事情などあれこれ

〔ドイツの鉄道事情〕
ドイツの駅の名前に時折見かけるHbfという表示は、Hauptbahnhofの略で、バラバラにすると「Haupt :中央の」+「Bahn: 列車の」+「Hof :建物」=「中央駅」、ということらしいです。

車内では‥‥Sバーンや特急線ですとアナウンスがあるのですが、それ以外は車内アナウンスはナイのが普通と思った方がいいです。ローカル線では大きな駅でない限りアナウンスはほとんどありません。
それもドイツ語のみでなされますから、聞き取れなかったときは外の駅名表示をチェックしながら判断する必要が出てきます。

しかも慣れないのが‥‥降りるときはハンドルを回して自ら開けて外に出る仕組みになっています(都市部ではドイツ語/英語でのアナウンス付の電車+自動ドアのところもあるみたいです)。


〔電車の券売機について〕
チケット購入の仕組みは日本のとさほど変わりませんが、券売機の操作は結構クセがあるなぁと感じました。

券売機はドイツ語の他英語、フランス語等5カ国語に対応していますが、日本語は対応していません。決済方法は現金かクレジットカード(Visa/Electron/Master/Amex/Diners/JCB)から選べます。

操作はタッチパネルなんですが、空港駅のパネルは触るだけでは反応してくれず指で押し込まないとダメでした。しかも、背が低い人にはパネルがやや辛い位置にあります。

買おうとしている人の多くにストレスを与えるのか、キレてカウンターの人からチケットを買い求める人、あるいは周りの人の助けを借りる状態になる人を目の当たりにしました。

私たちは乗りたい時間帯の列車がまだ時間に余裕があるにもかかわらず、全部購入不可となってしまっていて、操作方法を憶えるのに少々苦労しました。

今思えばカウンターに走れば早かったのですが、何とか習得してやろうと意地になり、周りのお客さんが姿を消しても頑張ってしまいました。で、ようやく券売機からチケットを手に入れました。

ある程度時間が読めている場合には、出発前にインターネット予約を入れておくと便利ですよ。

〔チケットについて〕
大きさはどういうわけかメトリックよりインチで測る方が適切で、縦4.8inch、横3.25inchです(12.192cm×8.255cm)。
左側の光るラインはお札にあるようなホログラムテープが施され、ドイツ鉄道のロゴが載っています。

機械から出てきたチケットは複数いても1枚にまとめられていました。
もちろん別々にすることも可能ですが決済も別々になることをお忘れなく。

D1 ticketc

印をつけたところを上から説明しますね(これはドイツ語ができる相方の旧ブログ説明引用です)。

Normalpreis とは、通常料金(Normal Price)です。
たとえば週末に乗るときは特別料金などが設定されていて、通常料金に比べおトク度が全然違うんです。
ただ、特別料金で購入すると、通常料金のように時間の変更がきかない場合があるので、そこは考えないといけません。
長い距離の移動だったこともあり、今回は通常料金にしました。

Klasse は、座席の種類です。
1等車と2等車に分かれていて、乗る列車のタイプによってはその違いを感じます。
安いに越したことはないってことで、私は2等車を。
ちなみに自転車と一緒に乗る場合は2等車でないといけないそうです。
面白いことに自転車専用の車両があって、車両の外には自転車マークがついています。

Erwachsene は「大人」で、人数も表示されています。

Von...Nach... は英語で言う From...To...の意味で、どこからどこまでか表示されています。
これは購入時指定した行き先がそのまま反映されます。
München Flughafen はミュンヘン空港です。

緑色で囲んだ箇所は改札した駅員さんのスタンプです。
長いこと乗っていると一度は遭遇します。

下の部分は支払った運賃が表示されています。19%も税金を取られているのにはビックリしますね。

[2009/6/26  掲載]
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

最近の記事+コメント

月別アーカイブ(タブ)

全ての記事を表示する

検索フォーム

ClusterMaps

ご訪問ありがとうございます!<(_ _*)>

人気ページランキング


↓FC2集計によるアクセスランキングです

アクセスカウンター(UU数)

いつもご訪問ありがとうございます!

右サイドメニュー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリーツリー

ランキング参加中です

↑更新の励みになっております。ポチッと応援お願いいたします(同ジャンルの他の方のブログもご覧頂けます)。

人気ブログランキング

皆様の応援が更新魂に火を灯します

人気ブログランキングへ

※このサイトでは、文字数制限の関係で、日本語タイトルにしております

お気に入り動画

イチオシ! マリエ・ディグビー ※マリエ・ディグビーについては、こちらの日記をご参照ください。
やはりイイ!ダイアナ・クラール ※ダイアナ・クラールについては、こちらの日記をご参照ください。
↓ その他のお気に入り動画

おきてがみ

ポチッと足跡を残して頂きますと、後ほど訪問させていただきます^^

おきてがみ

※FC2以外のブロガーの方々向け

他のランキングバナー

↓よろしければ、こちらもポチッとしてもらえると、嬉しいです(「Ctrl」を押しながらだと楽に連ポチできるみたいです)

プロフィール

卒煙魂

Author:卒煙魂


40代手前で卒煙を目指すことにした、元アメリカ在住・男性です。

映画、音楽やアメリカのTVドラマ、そしてギター好き。
卒煙、アメリカ生活、趣味などについて、思うままに綴っていきたいと思います(2010年5月の帰国後は週1~2回の更新を目安にしています)。コメント・TBなど大歓迎です!

本ブログ掲載の写真の殆どは、クリックにて拡大してご覧頂けます。

※禁煙・卒煙/ダイエット関係の日記の一部は、SNS「禁煙の森」or「KIROKUBO」に掲載した日記を、ブログ用として掲載させて頂いている場合もあります。
※※本ブログのコンテンツ(本文・画像等)の著作権は筆者もしくはその著作者に属します。無断転用・転載はご遠慮願います。
また、不適切と判断したコメントは、予告なく削除させて頂く場合があること、TBは日記トピックに関連あるものに限る点につきご了承願います。

FC2バナー他

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。